ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.877 かまたん

【会社・団体名】小林 朗子 様

PINS FACTORY(ピンズファクトリー) ピンズ製作実例 No.877 かまたん

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質銅合金
工法スタンププレス
着色ソフトエナメル
メッキ金orニッケル
サイズ26mm
ストラップデータ
材質ステンレス
工法プリント
着色プロセス
メッキメッキなし
サイズ29mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。

No. 0213230、0214203
1502-A05千葉県

活動範囲を拡大中のご当地キャラにエールを送るオリジナルグッズ


昔話の「わらしべ長者」は1本のわらしべを握りしめた若者が、最終的には大きな屋敷の主になるというサクセスストーリー。さて、この物語と同じようなことが、グッズのモチーフに起きたと言ったら、皆さんは果たして信じるでしょうか?ピンズファクトリーが今回お送りするのは、そんなおとぎ話みたいな経緯で製作されたアイテムのお話。ご依頼主は実例紹介NO.408でもご協力をいただき、当社とは長いお付き合いの小林朗子様です。

千葉県鎌ケ谷市の有限会社ティーアール企画にお勤めの小林様。オーダーメイドグッズ作りは「市のキャラクターを応援するため」で、ご用命に際しては「色々と相談に乗ってもらえて、新しい提案やアイデアを出してくれる」とのご理由に加え、「何よりも品質の良さ」というコメントを頂戴しました。誕生したのはご当地仕様のマスコットを2種類のデザイン・5つの仕様に仕上げた「かまたん」。食品以外では今回が初のキャラクターグッズです。

鎌ケ谷産の野菜と果物を背負った「かまたん」は、元々市の農業振興課に所属していたキャラクター。それが2014年から市のマスコットに昇格し、ピンズ好きの小林様の創作意欲を刺激。両面プリントのストラップと4つの色違いのピンズは、お知り合いへの配布用だったそうですが、ほどなく「欲しい」という声が上がり、お渡しするための良い方法もなく困っていたところ、観光課の方が販売の提案ばかりか仲介も請け負って下さったのだとか。

まさに「わらしべ長者」の如きオリジナル作品は、市役所内でNPO法人が運営する喫茶店、観光課に登録している梨園の販売所、「かまたん」に協賛するお菓子屋さん、小林様の会社と取引のあるブックオフで販売され、多くの方が喜んで購入されるとのこと。幼稚園を筆頭に市内の様々な場所で開催されるイベントに引っ張りだこの「かまたん」は、その姿がわずか30mm弱の小さなグッズに変わっても人気は大きくなる一方のようです。
(ピンズファクトリー談)

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

ピンズの誕生とバタフライクラッチの歴史

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

JAMESの日記