ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.925 にんじゃえもんピンバッチ

【会社・団体名】甲賀市観光協会

PINS FACTORY(ピンズファクトリー) ピンズ製作実例 No.925 にんじゃえもんピンバッチ

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質銅合金
工法スタンププレス+プリント
着色ソフトエナメル+特色
メッキブラックニッケル
サイズ25mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。

No. 1015152
1601-A04滋賀県

忍者発祥の地として知られる町のキャラクターPRピンバッチ

小説や映画にも登場し、世界的にもよく知られている「忍者」。その存在は時代を超え、国を超え、漫画・アニメ・ドラマなど様々なジャンルで息が吹き込まれ続けています。2016年から始まった大河ドラマ『真田丸』の主人公真田幸村の家臣として仕えたとされる伝説の真田十勇士のひとり、猿飛佐助も代表的な忍者です。また忍者の世界では、伊賀流と甲賀流という忍術流派があり、多くの作品で戦国乱世の中での二派の闘争が描かれています。

猿飛佐助は甲賀流の忍者として有名ですが、今でもなお甲賀といえば忍者の里として全国的に知れ渡っています。そんな滋賀県甲賀市の観光振興を担う甲賀市観光協会様より、同協会のキャラクター「にんじゃえもん」を通して、忍者発祥の地である甲賀市を全国、そして世界にまで広めるべく「にんじゃえもんピンバッチ」の製作をご依頼いただきました。

ピンバッチとなった「にんじゃえもん」は、甲賀市甲南町をPRするゆるキャラとして2008年に一般公募が行われ、約500件の応募作品の中から選ばれて誕生。甲賀のグルメのひとつでもある黒米と忍者がモチーフで、甲賀流ゆる忍術・エコ忍術・グルメ忍術などを使いこなす可愛らしいキャラクターです。今回のバッチデザインは、3パターンのうちのメインの1種類ということで、忍者衣装の黒に手裏剣の金が映える作品となりました。

完成品は主に市内イベントを中心に販売され、「にんじゃえもん」好きの子供から年配の方まで購入されて、名札やスーツ、バッグなど身近な物に付けていらっしゃるとのこと。キャラクターの魅力を忠実に再現したオリジナルグッズは評判も良く、老若男女、幅広い層の方々から喜ばれているそうで、ご担当者様からも「親切に対応していただき、気持ちの良い取引ができました」と大変ありがたいコメントを頂戴することができました。
(ピンズファクトリー談)

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

ピンズの誕生とバタフライクラッチの歴史

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

JAMESの日記