ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.987 大泉バージョン「サンバぐんまちゃん」

【会社・団体名】大泉町商工会

PINS FACTORY(ピンズファクトリー) ピンズ製作実例 No.987 大泉バージョン「サンバぐんまちゃん」

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質銅合金
工法プリント
着色プロセス
メッキ
サイズ19mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。

No. 0516070
1611-A15群馬県

オリジナルの販売ピンズに変身した人気者が陽気な姿で観光PR


全国には「日本の中の外国」と呼ばれる場所がありますが、そのお国柄ということになるとバリエーションも実に様々。とっても可愛いピンズを製作された大泉町商工会様のある群馬県邑楽郡大泉町の場合、それは日本の裏側に位置する底抜けに明るい国「ブラジル」に例えられます。同地では人口の17%を外国人が占め、そのまた10%がブラジル出身の人たち。ピンズはそんな土地柄や観光のPRを担うオリジナルグッズとして誕生しました。

「大泉バージョン「サンバぐんまちゃん」」と名付けられた作品のモチーフは、「ゆるキャラグランプリ2014」で優勝したマスコットの「ぐんまちゃん」。その姿は「日本のブラジルおおいずみ」をイメージし、サンバの衣裳をまとった特別な仕様となっています。当社へのご依頼は豊富な経験や実績と、製品の優れた品質をご覧下さったこと。様々なオーダーメイドアイテムを掲載したホームページの実例紹介がご縁を作ってくれました。

国際色豊かな地域性を生かした製品による「着地型」の観光や、それに伴う商業の活性化を目的として誕生したツールとあって、ピンズは原則として誰もが入手できるお土産品のスタイルを採用。色々なイベントの会場にもなる商工会館や、観光協会のブースで販売された完成品は、情熱的で華やかなデザインが評判を呼び、町内からも多数の問い合わせがあるとか。仕上がりには「細かな注文にも対応いただき大変満足」とのお声が聞けました。

商工会というのは中小企業を支援する組織。経営指導員の皆さんは小規模事業者の方々を中心に、金融・税務・経理・経営・労働・取引・法律など、多種多様な相談に対応していらっしゃいます。ピンズは「ぐんまちゃん」の地域限定コレクションとして多くの方が購入されるそうですが、大泉町や商工会・観光協会の職員も地元の魅力を宣伝するために着用しているとのこと。町を挙げてのPR活動をピンズも陽気なダンスで応援しています。
(ピンズファクトリー談)

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

ピンズの誕生とバタフライクラッチの歴史

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

JAMESの日記