ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.1022 資格章

【会社・団体名】YFS JAPAN

PINS FACTORY(ピンズファクトリー) ピンズ製作実例 No.1022 資格章

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質銅合金
工法スタンププレス+プリント
着色合成七宝+特色
メッキ金orニッケルorコパー
サイズ19mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。

No.1016157
1704-A13大阪府

メタリックな輝きと社名ロゴから製品への自信が漂うライセンス章


小さなピンズの魅力を広く知ってもらうため、当社が年に2回ブースを出店する展示会では、毎回たくさんの方々との出会いがあります。仕上げの異なる3つのオーダーメイド作品をご用命下さったYFS JAPAN様が、当社のブースに立ち寄られたのも10年前に開催されたギフトショーの会場でした。その際に当社よりサンプルとして実物のピンズをお渡ししたこともあり、ご依頼の有無に関わらずメルマガをチェックしていたというご担当者様、社内で販促に使うオリジナルピンズの製作を検討する運びとなったため、真っ先にご連絡を下さったことで誕生したのが「資格章」です。

同社は台湾に本社を置く芳生螺股分有限公司(YFS社)の日本地区代理店。事業内容は言うまでもなくYFS製品の輸入・販売で、ピンズのデザインにも盛り込まれた主力製品は、優れた耐久性と品質を持つ「六角穴付きボルト」。日本市場においても15年以上の実績を積み重ねていらっしゃいます。社名と上から見た六角穴付きボルトを組み合わせた図案は、ご担当者様が数種類のパターンを制作し、社内回覧で集まった意見をもとに決定されたもので、ロゴを彩るブルーはYFS社のイメージカラーだとか。完成品は社内試験の合格者が営業で客先訪問時に着用することにより、ブランドイメージを高めると共にモチベーションアップも担いました。

メッキを変えて金・銀・銅の3色に仕様分けしたのは、スタッフが製品に関する知識を身に着けるだけでなく、スキルの向上とともに昇格して新たな肩書きを得ることを想定しているため。完成までには文字数の調整やロゴとバックの色のバランスを取るのが難しかったそうですが、カッパー・ニッケル・ゴールドの光を背に様々な表情を見せる資格章は、スタッフのみならずYFS本社の方々からも非常に好評とのことです。「問い合わせから納品まで親切・丁寧に対応していただきました。要望に迅速かつ最良のご提案をいただき、安心してお任せできて感謝しております」と、当社にもご担当者様からお褒めのお言葉を頂戴しました。
(ピンズファクトリー談)

関連サイト:
YFS-JAPAN >>

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

ピンズの誕生とバタフライクラッチの歴史

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

JAMESの日記