ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.1031 いちごとみるくフェア スタンプラリー用ピンバッチ

【会社・団体名】那須塩原市観光局

PINS FACTORY(ピンズファクトリー) ピンズ製作実例 No.1031 いちごとみるくフェア スタンプラリー用ピンバッチ

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質ステンレス
工法プリント
着色プロセス
メッキなし
サイズ29mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。

No.0516222
1706-A02栃木県

ピンズに姿を変えた名産品コンビが地域イベントの盛り上げに貢献


日本の各地には名物と呼ばれるものが必ずあって、訪れる多くの人たちから喜ばれているだけでなく、それを生んだ地域の魅力もアピールしてくれます。今回、当社にピンバッチ製作のご用命を下さった那須塩原市観光局様の主たる事業は、北関東の雄大な自然に抱かれた同市の観光振興および観光プロモーション。誕生したのは国内有数の温泉地としても知られる土地柄が育む名産品を2つ組み合わせたイベント用のオーダーメイドグッズでした。

那須高原の味覚を堪能しながら過ごす楽しいひと時の思い出が詰め込まれたのは、名前を聞けば納得の「いちごとみるくフェア スタンプラリー用ピンバッチ」。完成品がプレゼントとして活躍する舞台となるのも同じ名称の独自事業です。モチーフが名産の「いちご」に「牛乳」ということもあり、ご担当者様が目指したイメージは「かわいい」感じのもの。かくして華やかな色で仕上げたバッチは、ご要望を見事に満たす仕様となりました。

フェアに参画する市内のお宿や飲食店を巡るスタンプラリーは、いちごと牛乳を使ったオリジナルのスイーツを味わいながら5つのスタンプを集めると、達成者全員にその場でピンバッチがプレゼントされるだけでなく、応募すると抽選で宿泊券ももらえるという太っ腹なイベント。参加される方々の職業は実に様々だそうで、年齢層も10代から60代と非常に幅が広く、性別では女性の85%に対して男性が15%と、こちらは圧倒的に女性の方が多いとのことです。

真っ赤ないちごを抱きかかえるつぶらな瞳の牛に、イベント名の入ったリボンが添えられた作品は、参加者からも「デザインがかわいい」と大好評で、バッグや帽子に着けていらっしゃる方が多いとか。不具合なども報告されていないそうで、品質面での信頼も獲得できたようです。郷土が誇る2つの名産品が強力なコンビを組むことで生まれたイベントピンズは、その可愛らしさでスイーツ好きのみならず多くの人たちを魅了してくれました。
(ピンズファクトリー談)

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

ピンズの誕生とバタフライクラッチの歴史

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

JAMESの日記