ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.1047 来迎山 弘願寺“歯がため地蔵”

【会社・団体名】野村 正

PINS FACTORY(ピンズファクトリー) ピンズ製作実例 No.1047 来迎山 弘願寺“歯がため地蔵”

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質銅合金
工法スタンププレス+プリント
着色合成七宝+特色
メッキブラックニッケル
サイズ26mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。

No.0816220
1708-A03奈良県

小さなピンズに姿を変えたお地蔵さんは霊験あらたかな歯の守り神


皆さんは「○○地蔵」と聞いたら、「○○」にどんな言葉を入れますか?「何とか地蔵」と呼ばれる地蔵菩薩を祀る寺院は全国各地にありますが、当社が野村正様から製作を承った大変可愛らしいピンズのモチーフは、奈良県の来迎山 弘願寺に鎮座する「関谷地蔵尊」というお地蔵様。弘願寺は「吉野郡」「吉野町」「吉野山」と、「吉野」の地名が3つも並ぶ場所に建つ名古刹で、今回の作品は野村様が描いたお地蔵様を基に誕生しました。

野村様はイラストなどを個人的に制作していらっしゃるそうで、お寺にマスコットキャラクターのデザインを依頼されたことが、オリジナルピンズを作ろうとお考えになったきっかけだったとか。当社へのご用命はお知り合いのご紹介で、吉野のお寺とお地蔵様にご縁を結んでいただき、完成したのは「来迎山 弘願寺“歯がため地蔵”」。合成七宝+プリント仕上げのピンズになったのは、いうまでもなく弘願寺の「関谷地蔵尊」です。

ピンズの名前にもある「歯がため地蔵」というのは、歯痛に霊験があるといわれる関谷地蔵尊の別称。イラストのお地蔵様が歯ブラシを持っているのは、そんなありがたいご利益があるためです。製作過程ではイラストの不要な線を省く「単純化」に苦労したそうですが、まぶたの微妙な陰影まで再現されたオーダーメイドピンズには、野村様からも「大変満足しています」というご感想に続き、「依頼主の方も喜んでおられます」との評価を頂戴しました。

こうして品質・仕様とも申し分ない出来栄えとなった完成品は、野村様ご自身の手で日頃お世話になっている弘願寺に奉納され、それ以降の用途や扱い方などはお寺にお任せしているとのこと。「大変よくしていただきました。ピンズの製作は初めてでしたが、丁寧な説明を受けました」と、当社にも心のこもった感謝のお言葉が寄せられました。ピンズが今後どのような活躍を見せてくれるのか、当社にとっても大きな楽しみとなっています。
(ピンズファクトリー談)

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

お客様とピンズファクトリーのコラボレーションの軌跡

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

JAMESの日記