ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.1113 認定検査員バッチ

【会社・団体名】トウシン工業株式会社

PINS FACTORY(ピンズファクトリー) ピンズ製作実例 No.1113 認定検査員バッチ

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質銅合金
工法スタンププレス
着色合成七宝
メッキ金メッキ
サイズ29mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。

No.1717076
1805-A17愛知県

肩書き入りの認定バッチがエキスパートとしての誇りと意識を喚起


ピンズやバッチというのは身に着けることを前提としたアイテムなので、外観やビジュアルなども人目に触れることを想定したものとなります。このような方針の下で生まれた製品は着用者自身にも少なからず影響を与えますが、愛知県みよし市のトウシン工業株式会社様が製作された「認定検査員バッチ」は、それを最初から意図的に狙って作られたオーダーメイドのライセンス章でした。ツートンカラーのバックに社名と肩書きを重ねた四角いバッチは、プロの目を持つ「エキスパート」として認定された方々に、装着することでの意識向上をもたらす期待がかかるステイタスグッズです。

ピンズファクトリーにご依頼を下さったのは、実績が豊富でホームページも分かりやすく、お問い合わせ時の対応が良かったからだそうで、デザインも当社の実例からヒントを得ているとか。これは検査部署に所属する検査員の明確化を目指し、ご担当者様をはじめとする全員が考案したものだそうで、コーポレートマークと資格名で仕様全体を構成されたのも、そんなメリットが見込めると確信してのことだったようです。また、仕上げのメッキは「特別」「自信」「意欲的」などの心理効果を促す金を使い、黒を組み合わせることで紺色の制服に映えるカラーリングにしてあるそうです。

完成品は社内だけでなく外部からもデザインや品質が良いと好評とのことで、「期待通りの仕上がりでした」「今後も何かあればお願いしたいです」とのお言葉を頂くことが出来ました。加えて一番の成果は、検査員の意識が上がったと感じることだそうで、社内では着けたいという声も高まっているとのこと。事業内容が自動車用小物ばねを製造する「モノづくり」だけに、正確な仕事をこなせる検査員は同社にとって必要不可欠な人材となります。今回ご製作いただいた認定バッチが、着ける方々の自信や意識向上につながるだけでなく周囲のさらなるスキルアップを目指す方々の原動力にもなってくれるよう当社も願ってやみません。

(ピンズファクトリー談)

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

ピンズの誕生とバタフライクラッチの歴史

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

JAMESの日記