ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.1116 社長賞ピンバッジ

【会社・団体名】フィグラ株式会社

PINS FACTORY(ピンズファクトリー) ピンズ製作実例 No.1116 社長賞ピンバッジ

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質銅合金
工法スタンププレス+プリント
着色合成七宝+特色
メッキ金メッキ
サイズ29mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。

No.1917002
1806-A03東京都

褒賞を祝う記念品のモチーフは一流企業も認める自社製造の化粧品


企業が設ける様々な社内表彰制度の中で、受賞者にとって最も栄誉あるものと言えば、その名にトップの肩書きを冠した社長賞。この度、東京都千代田区のフィグラ株式会社様が製作された2つの「社長賞ピンバッジ」にも、一方には社長を意味する「President’s」の文字がしっかりと入っています。ご依頼のきっかけは同社のお客様でもある会社の社章を当社が手掛けていたこと。実績に対する評価もいただいてのご用命でした。

本社に加えて埼玉県・大阪府・北海道の国内3カ所と、ベトナム・アメリカにも拠点を持つ同社が展開するのは、「化粧品」「ガラス」「ロボット」という3つの事業。今回の作品は化粧品のOEM製造も手掛ける同社が社長賞の受賞を祝うオリジナルの記念品で、外から中身の色が分かるアイテムということで「リップグロス」がモチーフに選ばれました。社長賞が授与されるのは年間の最優秀と認められた部署または個人とのことです。

対象者による使い分けを想定して部分的に仕様が変えてあるオーダーメイドの褒章は、英語表記の「2017年受賞・社長賞」が入った社長賞の受賞関係者に贈られるものと、その他の方々に配布される「We♡FIGLA」の文字をあしらったものの2タイプ。どちらも仕上げに赤系の透明色を使うことで文字の黒が引き立ち、プリント工法の持ち味も生かされたピンバッジとなりました。完成品は受け取った方々全員が着けているそうです。

OEMというのは受託による製品製造のことで、同社に多くの企業から委託が寄せられるのは、OEMメーカーとして全幅の信頼を得ているため。高品質な2つのピンバッジは社内外でも上々の評判だそうで、ご担当者様からは、「発注は本当にわずかな数量でしたが、デザインを何度も変更したりお電話いただいたり、感激しております」とのお言葉をいただく事が出来、当社もピンズメーカーとしての喜びを味わえました。

(ピンズファクトリー談)

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

ピンズの誕生とバタフライクラッチの歴史

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

JAMESの日記