ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.271 クラス会バッジ

【会社・団体名】田代小学校6年5組クラス会

PINS FACTORY(ピンズファクトリー) ピンズ製作実例 No.271 クラス会バッジ

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質
工法スタンププレス
着色合成七宝
メッキ
サイズ29mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。


0711-A06

♪〜幼なじみの思い出は、青いレモンの味がする・・・。というわけで、同窓生の方々が付ける、オリジナルピンバッジの製作を承りました。このノスタルジックな「クラス会バッジ」をご依頼下さったのは、愛知県名古屋市の田代小学校6年5組クラス会様。皆さんが昭和28年に卒業されてから55年の月日が流れました。今でも年に1〜2回は集まって思い出話に花を咲かせるそうですが、バッジはそのときに雰囲気を盛り上げ、楽しいメンバー意識を共有するための印として使用されています。

当社の製品を展示会でご覧になったり、ホームページを検索されたのがバッジを作るきっかけだったそうで、完成作品のデザインは写真の通り、白をベースに金色で入った「田代」の文字と、それを両側から稲穂が抱える校章がモチーフ。下部には百合の花に挟まれて、グリーンのバックに「田代小6年5組 昭和28年卒業」という文字が同じく金色に輝く仕様です。大まかな希望を当社の担当にお伝えいただき、イメージ通りの仕上げとオーダーメイドの技術が光る確かな品質を備えたピンバッジには、受け取ったメンバーの皆さんも大変喜ばれたとのことです。

明治5年、大字田代字末盛に広徳学校として創立以来、大正・昭和・平成と4つの時代にまたがって、数え切れない卒業生の姿を見送りながら、今なお名古屋の地に建つ市立田代小学校。今回のバッジ製作をご担当をされた加藤様が通われていた当時のクラスは全部で6つ、加藤様のクラスは生徒数55人という時代でした。旅行も兼ねたクラス会には毎回およそ20人の方が参加され、その内男性は15人くらい。出席された人にはその席上で、欠席の人には郵送やお近くの方から手渡しで贈られた「クラス会バッジ」は、懐かしい思い出がギュッと詰まっている共通のバッジとして愛用していただけることでしょう。

「今後はさらに美しいものを作ることを考えたい」と、新たなご製作にも意欲的で、これから先もクラス会を重ねるごとに、バッジを胸にますます親交を深めていただきたいですね。
(ピンズファクトリー談)

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

ピンズの誕生とバタフライクラッチの歴史

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

JAMESの日記