ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.290 ロゴピンズ&チャーム

【会社・団体名】躰・工房 各務原店

PINS FACTORY(ピンズファクトリー) ピンズ製作実例 No.290 ロゴピンズ&チャーム

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質
工法スタンププレス
着色ソフトエナメル
メッキ
サイズ20mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。


0801-A06岐阜県

病気でもないのに頭痛がする、十分な睡眠をとっても疲れがとれない、マッサージしてもすぐに肩がこるなどの「何となく調子が悪い」と感じる症状は、年齢性別に関係なく誰にでも1度は経験があるはず。我慢できないほどの状態ではない場合、ついそのままにしてしまいがちですが、これらを放っておくと慢性化が進み、遂には日常生活に支障を及ぼすという事にもなりかねません。

そんな時、とても頼りになるのが整体やカイロプラクティックと呼ばれている治療法です。カイロプラクティックというのはギリシャ語の造語で「カイロ」は「手」を、「プラクティック」が「技」という意味を表し、文字通り手を使った技を駆使して行う治療を指します。県内を中心に5店舗を構え、様々な施術であらゆる身体状況に対応されている、岐阜県各務原市の躰工房様が今回のお客様。開業されて3年が経ち、オープン以来の常連さんにプレゼントするオリジナルグッズの「ロゴピンズ&チャーム」を当社にご依頼下さいました。

全店舗に共通する「躰」という文字のロゴが黄色の円に、周囲の赤い円には「Karada-Koubou」と躰工房各務原店の略で「からかく」のひらがなが入った作品は、ご担当者様がデザインされたとのことですが、「一目見て当院のものとわかるように工夫しました」と、明るい色にパワフルな文字が引き立つ活発なイメージの仕上げとなっています。また、ピンズだけでなくチャームと呼ばれるファスナートップも同じ仕様で製作され、高品質なオーダーメイドのアイテムは来院されるお客様からも大変評判が良く、皆さんに喜ばれているそうです。

今を去ること1895年、D・D・パーマーという人物によって生み出され、その息子であるB・J・パーマーが発展させたカイロプラクティック。最近ではボディラインの崩れや身体の歪み矯正の他、ダイエットに対しても威力を発揮とあって、女性からの支持も急上昇です。ピンズやチャームを付けた常連さんも、きっと笑顔で施術を受けていることでしょう。
(ピンズファクトリー談)

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

ピンズの誕生とバタフライクラッチの歴史

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

JAMESの日記