ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.310 「吉宗パネルアクセサリーセット」「押忍!番長パネルアクセサリーセット」

【会社・団体名】株式会社ディーピー

PINS FACTORY(ピンズファクトリー) ピンズ製作実例 No.310 「吉宗パネルアクセサリーセット」「押忍!番長パネルアクセサリーセット」

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質ステンレス
工法プリント
着色プロセス
メッキメッキ無し
サイズ42mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。


0803-A05東京都

ファンにとってはたまらない、人気キャラクターをモチーフにしたコレクションアイテム。この度ピンズファクトリーが承ったのは、PCネットワークや携帯コンテンツの企画・販売・運営をされる千代田区の株式会社ディーピー様よりご依頼いただいた「吉宗パネルアクセサリーセット」と「押忍!番長パネルアクセサリーセット」です。2005年4月に開設され、会員数は100万人以上という携帯用サイト「大都吉宗CITY」の限定オリジナルグッズとして販売するために製作されました。

この「吉宗」と「押忍!番長」はパチスロメーカー大都技研の代表作で、筐体の顔とも言えるパネルはリリース時期によってデザインが異なります。完成品はその全てをオーダーメイドのアクセサリーに仕上げ、誕生したのは「吉宗」6種に「押忍!番長」5種の合計11パターン。高い品質を備えたプレミアムな雰囲気たっぷりの作品となりました。銘板を加えて木製の額に納めたアクセサリーセットは、場所をとらないコレクションアイテムとしての魅力はもちろん、アタッチメントを付ければチャームとしても気軽にご利用いただけます。

「大都吉宗CITY」では、本物の実機パネルをそのまま額装した「メモリアルパネルコレクション」も販売されていますが、こちらは高額なこともあって購入者も熱烈なファンに限られていたとか。今回のアクセサリーセットはコンパクトなサイズや手頃な価格ということもあり、購入者層も20〜30代前半の方々を中心として確実に売り上げを伸ばしているようです。

株式会社ディーピー様では、今後も定番商品として販売し続けていかれるとのことで、企画から発売までに足掛け1年近くもかかったというご苦労の末に生まれた個性豊かな2種類の作品は、その強烈なインパクトでこれからも多くのパチスロフリークやコレクターの目を魅了する文字通りの「お宝」として大活躍してくれることでしょう。


(ピンズファクトリー談)

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

お客様とピンズファクトリーのコラボレーションの軌跡

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

JAMESの日記