ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.343 3周年記念ピンズ

【会社・団体名】有限会社ラルカ

PINS FACTORY(ピンズファクトリー) ピンズ製作実例 No.343 3周年記念ピンズ

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質銅合金
工法スタンププレス
着色ソフトエナメル
メッキ
サイズ22mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。

No. 0407241
0806-A06神奈川県

日本から約1万km離れた地中海に浮かび、イタリア最大の州にして全体が観光地というシチリア島。沖縄と似た気候のこの島を訪れる人々にとって、食事は大きな楽しみの1つ。新鮮な食材が舌の肥えた食通たちを唸らせます。そんな本場の郷土料理を手軽に食べられるのが、横浜元町にある南イタリア・シチリア料理の「Ristorante Granduca(リストランテ グランドゥーカ)」というお店。このほど開店3周年を迎えられ、運営をされている横浜市中区の有限会社ラルカ様から記念のオリジナルグッズを承りました。

完成したのは「トリナクリア」と呼ばれるシチリアの象徴をモチーフにした「3周年記念ピンズ」で、3本の足が作る三角形がシチリア島の地形を表し、中央にはギリシャ神話で勇者ペルセウスに倒された、蛇の頭髪を持つ魔女メドゥーサの顔が描かれています。この「トリナクリア」は古代ギリシャ語で3つの岬を持つ島を指し、シチリア島の守りの女神として公的機関の旗や紋章に使われているシンボルマーク。また、グランドゥーカ店内にも現地より買い付けていらした「トリナクリア」の陶器の置物が飾られています。

さて作品の仕様はというと、バタフライクラッチ式のピンズですが、丸カンというパーツも付いているのでチャームとして使うこともできるという優れもの。高い装飾性とエキゾチックな雰囲気の漂う仕上げ、地金のゴールドに青で入った店名の「Granduca」が印象的なオーダーメイドアイテムは、3日間にわたって開かれた記念パーティーに集まったお客様や常連客の方々にプレゼントされました。お客様は40〜50代が中心とのことですが、皆さん大変喜ばれて、携帯やバッグなどに付けて下さっているそうです。

製作に際しては途中で当社担当のアドバイスを参考にされ、特に問題もなくイメージ通りスムーズに運び「いろいろと相談に応じてくれたので助かりました。デザインやカラーなどいいものができました」と、ご満足そうなお声が聞けました。おいしいワインとこだわりのスローフードが楽しめるお店では、元気な笑顔が絶えないスタッフの皆さんとともに「トリナクリア」がお客様を迎えてくれることでしょう。
(ピンズファクトリー談)

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

ピンズの誕生とバタフライクラッチの歴史

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

JAMESの日記