ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.347 ウミガメピンズ

【会社・団体名】株式会社南日本放送

PINS FACTORY(ピンズファクトリー) ピンズ製作実例 No.347 ウミガメピンズ

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質銅合金
工法スタンププレス+プリント
着色合成七宝+特色
メッキニッケル
サイズ21.5mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。

No. 0207422
0806-A13鹿児島県

環境保護を考えるとき、重要な参考となるのが動物たちの生態。環境に逆らうことなく生きる姿は、まさに自然との一体化そのものです。地球温暖化を筆頭に環境の危機が叫ばれる現在、美しい自然を守るために色々な活動が行われていますが、今回当社が承ったのは、そんな自然環境保護と関係のあるオーダーメイドアイテム。舞台となったのは南国九州鹿児島県。ご依頼主はJNN系列のテレビ・ラジオ兼営放送局、「MBC」こと株式会社南日本放送様です。

全社的なキャンペーン「ウミガメプロジェクト」のスタートにあたり、PRと社員・スタッフのプロジェクトへの取り組みの決意表明のシンボルとして「ウミガメピンズ」を製作されました。モチーフは言うまでもなくウミガメで、デザインは社外のデザイナーにご依頼されたとのこと。黄、青、緑など9種の色を使った鮮やかな仕様に、下部に入った白地に青文字の「MBC」が映える高品質なオリジナルグッズは、「ピンズを選んだのは人目をひき、わかりやすいアイテムだったから」とおっしゃるご担当者の狙いどおりの作品となりました。完成品は、社章がわりに上着に付けたり、上着を着用しないクールビズの期間は首から下げるパスホルダーに付けたりと、全社員が使用されています。

当社へのご依頼は、WEBでピンズファクトリーのホームページをご覧になり、事業内容の把握とサンプルの取り寄せや技術面の確認、そして価格や納期などから総合的に判断されたとのこと。色の具合や厚みなど数種類のサンプルを製作された中から最終決定された完成品は、当初、社員とスタッフの方だけで使用される予定でしたが、取材先やその関係者からも非常に好評で「欲しい」という要望が相次いだことから、追加製作が決定されました。

プロジェクトのテーマは、鹿児島県がウミガメの産卵地として日本一であることをもっと多くの人に知ってもらい、ウミガメの保護と自然環境を守ろうという機運を盛り上げ、エコ活動をもっと活性化させていくこと。テレビ、ラジオ、インターネットを通じてウミガメや環境・エコの話題を取り上げるほか、県内有数のウミガメ産卵地である吹上浜海岸の清掃などにも、社員・スタッフ自ら積極的に参加されています。また、2009年3月に「ウミガメが教えてくれること」という1時間半の番組を全国放送されるそうで、「ウミガメピンズ」の一層の活躍が期待されています。
(ピンズファクトリー談)

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

ピンズの誕生とバタフライクラッチの歴史

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

JAMESの日記