ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.371 うれしイ〜プロジェクトピンバッジ

【会社・団体名】株式会社川崎フロンターレ

PINS FACTORY(ピンズファクトリー) ピンズ製作実例 No.371 うれしイ〜プロジェクトピンバッジ

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質銅合金
工法スタンププレス
着色合成七宝
メッキニッケル
サイズ35mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。

No. 0408037
0809-A09神奈川県

「等々力うれしイ〜プロジェクト」というユニークな名称のプロジェクトを展開されているのは、プロサッカーチームを運営されている株式会社川崎フロンターレ様。このプロジェクトは、「2010年までに年間総入場者数1,100万人(イレブンミリオン)を達成すること」を目標にJリーグとJクラブが取り組んでいる「イレブンミリオン」プロジェクトと合体した推進事業として、2008年6月に川崎フロンターレ様が独自にスタートされました。

このプロジェクトでは、川崎フロンターレホームゲーム「年間平均入場者数2万人超」という独自の集客目標を設定し、「スタジアムに行きたい!」という気持ちを盛り上げるため、5つの「イ〜」を実現する様々な企画が実施されています。

「やさしイ〜」は、快適な観戦環境
「おいしイ〜」は、美味しい料理
「たのしイ〜」は、アトラクションやイベント
「めずらしイ〜」は、プロモーションや珍しい企画
「あうぇイ〜」は、特典満載のアウェイ企画

そしてその一環として製作されたのが、「うれしイ〜プロジェクトピンバッジ」。バッジの左部分にはイレブンミリオンの公式マークを使用し、シルバーをベースに黒と水色を使って爽やかなイメージに仕上がりました。選手をはじめ、監督やクラブスタッフの方々もこのバッジを身につけ、一丸となって目標達成を目指されています。

結束力を強め、目標達成へのモチベーションをアップさせる役割を担っているのがプロジェクトピンバッジ。今回の製作にあたり、字を入れ込むためにピンズ自体のサイズを決定されるのに苦心されたそうですが、「とにかく製作日程がきつかった中で、真摯に対応してくれたことに感謝しています」という嬉しいお言葉をご担当者からいただいております。苦労された甲斐あって、ピンバッジを手にされた方々の評判は上々とのこと。観戦に行かれた際には、ぜひ、胸に輝くピンバッジにも注目してください!
(ピンズファクトリー談)

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

ピンズの誕生とバタフライクラッチの歴史

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

JAMESの日記