ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.390 植樹祭応援団丹沢3兄弟ピンバッチ

【会社・団体名】秦野市観光協会

PINS FACTORY(ピンズファクトリー) ピンズ製作実例 No.390 植樹祭応援団丹沢3兄弟ピンバッチ

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質ステンレス
工法オフセットプリント
着色プロセス
メッキメッキなし
サイズ29mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。

No. 0708088
0811-A05神奈川県

毎年、天皇皇后両陛下が「全国植樹祭」で植樹をされるお姿がニュースで流れますが、ご覧になったことがありますか?この行事は国土緑化運動の中核をなす行事として、全国各地からの参加を得て、両陛下や参加者による記念植樹を通じて森林に対する愛情を培うことを目的に昭和25年以来、毎年開催されています。そして、平成22年の第61回目の式典開催地として選ばれたのが、神奈川県の秦野市。同市では、一般公募で決定した「森が育む あなたの心 森が育む あなたの手」というテーマを掲げ、PRに取り組んでいます。

秦野市の観光宣伝、観光関連イベント企画等を手掛けられている秦野市観光協会様は、平成22年春に全国植樹祭式典が市内で開催されることを記念して、オリジナルのピンバッチを製作されました。このアイテムを選ばれた理由としては、「気軽に身に着けられる」「販売に際して金額的にも魅力がある」といったことから。また、ピンズファクトリーにご依頼を頂いたのは、サンプルをご覧になると同時に実績を評価頂いたからとのことでした。

デザインに使用されているのは、秦野市のイメージキャラクターである3人の子供たち。名前は「丹沢すすむ君」、弟の「のぼる君」、妹の「あゆみちゃん」。この3人は、「丹沢はだの三兄弟」と呼ばれ、秦野観光のメインである「表丹沢登山」から生まれたキャラクターです。「丹沢を進み、登り、歩く」という意味からついたネーミングも、とてもユニークですね。初めは「すすむ君」1人だったところ、それでは寂しいという意見が出たため3兄弟となり、封筒やマップなど様々な場所に登場して活躍しているとか。ネットや地元の情報誌などでも紹介され、最近はやりの「ゆるキャラ」として少しずつ認知されてきているそうです。

完成したピンバッチは市の職員や全国植樹祭秦野市民会議の方々が着用されるほか、一般の方向けには観光協会で販売もされています。今回の製作にあたり、ご担当者様からは「細部まで鮮明に再現されていて、色も希望通りに仕上がっています。上部のカッティングで丹沢の山並みを表現したかったのですが、そちらも思い通りになりました。職員にも大変好評です」という嬉しいコメントを頂くことができました。


(ピンズファクトリー談)
関連サイト:
秦野市観光協会 >>

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

ピンズの誕生とバタフライクラッチの歴史

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

JAMESの日記