ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.413 駅ちかウォーキング オリジナルピンバッジ

【会社・団体名】名古屋市交通局

PINS FACTORY(ピンズファクトリー) ピンズ製作実例 No.413 駅ちかウォーキング オリジナルピンバッジ

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質銅合金
工法プリント
着色プロセス
メッキメッキなし
サイズ26mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。

No. 0207479/80
0901-A15愛知県

デザインに適した魅力的なモチーフがあるというのは、オリジナルグッズを作る上で頼もしい助っ人がついているようなもの。メーカーと呼ばれる業態の企業でキャラクター開発に力が注がれるのも、大きなPR効果が期待できるからですが、最近ではメーカーに限らず、どのような企業・団体にとってもイメージアップに貢献してくれるキャラクターの存在は重要なものとなっています。

これからご紹介するのは、以前、当社でクリスマスイベント用にオーダーメイドのピンズを製作させていただいたことのある、愛知県の名古屋市交通局様より承った「駅ちかウォーキング オリジナルピンバッジ」。今回の作品は、ウォーキングイベントの参加者に贈呈するメモリアルグッズです。「イベント終了時にお渡しするため、荷物にならないという点を考慮し、また年代を問わず喜んでいただける商品としてピンバッジを選びました」とは、ご担当者様の言葉。

そして、このアイテムのモチーフとして堂々の主役を張っているのが、シャチホコの顔と地下鉄職員の制服・制帽姿で市内各所に現れる交通局のマスコットキャラクター「ハッチー」です。完成品は四つ葉のクローバーに「SPRING 2008」の文字が入った春仕様と銀杏の葉に「AUTUMN 2008」と入った秋仕様の2種類で、イベント開催時期の季節感を出すために、このようなデザインを考えられたのだとか。その狙いは見事に当たり、緑と黄色で鮮やかに仕上げられた「駅ちかウォーキング オリジナルピンバッジ」は、それを目当てに参加者が増えるほどの効果を発揮し、受け取った皆さんからも大変好評だったということです。

2008年4月から始まった「駅ちかウォーキング」は、地下鉄沿線の色々なスポットをめぐるというもので、3〜5月の春期と9〜11月の秋期に分かれ、月2回のペースで開催されています。ピンバッジはゴール地点で事務局の方から参加者に手渡されるそうで、人気者のマスコットキャラクターと季節の香りが1つになった記念品は、今後もイベントを盛り上げるために大活躍してくれそうです。

(ピンズファクトリー談)
関連サイト:
名古屋市交通局 >>

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

ピンズの誕生とバタフライクラッチの歴史

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

JAMESの日記