ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.426 1級認定バッジ

【会社・団体名】一般社団法人日本ペット技能検定協会

PINS FACTORY(ピンズファクトリー) ピンズ製作実例 No.426 1級認定バッジ

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質銅合金
工法スタンププレス+プリント
着色合成七宝+特色
メッキニッケル
サイズ25mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。

No. 0208220
0904-A01東京都

犬や猫などのペットの飼育頭数が年々増加するのにともない、「ペットに関わる仕事に就きたい」「ペットに関わる資格を取りたい」といった人も増えています。一般社団法人日本ペット技能検定協会様は、ペットと人間が共に豊かに暮らせる文化を発展させるため、その担い手となる人材の育成を目指して活動されている団体様です。このたび製作されたオリジナル・ピンバッジは、同団体様が主催されているドッグ検定に合格された方々に授与される「1級認定バッジ」。

ドッグ検定とは犬に関する知識検定で、年間10回くらい実施されており、今後はさらに増える予定とのこと。犬好きな方から、トリマーなどペット業界で働く方までさまざまな方が受験されています。2級検定を申し込むとテキストを配布されるので、各自で勉強して受験に臨みます。そして、合格後、さらに知識を深めたい人が1級検定を受検。試験の問題は、犬に関する歴史や事件、ことわざ、法律などで、参考テキスト以外からも幅広い問題が出題されるとか。試験実施に関する情報はホームページに掲載されていますので、詳細はそのページでご確認いただけます。

今回製作されたオリジナル・デザインのピンバッジは、1級検定合格者へ授与するための認定章です。デザインのモチーフとなっているのは、「アメリカン・コッカー・スパニエル」という種類の犬。「JPLA」の文字は、「ジャパン・ペットライセンス・アソシエイション」の略です。

受験者様の中には、ブログやホームページなどでドッグ検定合格を報告される方もいらっしゃるため、ブログやホームページ上に認定章画像を貼り付けられるよう、希望者には画像データをお渡ししているそうです。実際のピンバッジは1級合格者にのみ授与されますが、ブログ用画像では1級合格者だけでなく、2級合格者用の認定章画像もあり、2級合格者用は青色、1級合格者用はオレンジ色となっています。「人目を引く明るい色にしたい」ということからこの色を選ばれましたが、授与された方々の評判はとても良いとのこと。カバンに付けたり、愛犬の服に付けたり、知人に見せたり、とみなさん大変喜んでいらっしゃるそうです。

「ドッグ検定」は、愛犬家からペット業界関係者まで幅広い層から圧倒的な支持を受けて認定者が急増しているそうです。犬に関する専門的で学術的な知識の深さの証として、今 後ますますその重要性が高まっていくことでしょう。
                             

(ピンズファクトリー談)

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

ピンズの誕生とバタフライクラッチの歴史

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

JAMESの日記