ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.431 大都技研マスコットコレクションvol.1

【会社・団体名】株式会社ディーピー

PINS FACTORY(ピンズファクトリー) ピンズ製作実例 No.431 大都技研マスコットコレクションvol.1

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質銅合金
工法オフセットプリント
着色プロセス
メッキ金orニッケル
サイズ26mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。

No. 0108208-18
0905-A02東京都

世の中には「緊張の一瞬」というのが色々とあって、予測不可能な局面との遭遇などはその最たるもの。ピンズファクトリーが今回ご紹介するのは、そんな謎と期待が一杯に詰め込まれたオーダーメイド作品です。お客様は都内千代田区にオフィスを構え、PCやモバイルのコンテンツを企画・開発・運営されている株式会社ディーピー様。作品をご紹介させていただくのはこれが2度目です。

前回はモバイルサイト「大都吉宗CITY」の「吉宗」と「押忍!番長」をモチーフにしたアクセサリー(実例紹介NO.310)を製作されましたが、その品質が評価されて同じサイトから「大都技研マスコットコレクションvol.1」が誕生しました。完成品は「ガチャむね」というカプセル自販機の販売形態の仕組みをモバイルページ上に再現したコンテンツで販売するもので、大都技研のキャラクターがデザインされた限定オリジナルグッズは11パターン。どれもメリハリのある鮮やかな色使いで仕上げられ、一番の人気は新作として登場した「忍魂」の3種だそうです。

「ガチャむね」の料金は1回525円(送料・税込)で購入限度額は月当たり5,250円、代金は携帯使用料と一緒に請求され、品物はメール便で届くというシステムです。バーチャルとはいえ本物のカプセル自販機と同様、どんなアイテムが出てくるのかはわからないので、プレイするたびに「緊張の一瞬」を迎えることになりますが、これが予想以上のヒット商品となり、発送が追いつかない状態になることもあったとか。購入・支払い・コレクション管理の大半がモバイル上で完結する簡便性と商品そのものがお客様の嗜好とうまくマッチした結果と言えるでしょう。

当社の仕事ぶりについては「幾度となく発生した仕様変更に伴う再見積もりにも迅速且つ丁寧にご対応いただき、またクオリティも非常に高く仕上がっており、大変満足しています」とのありがたいご感想とともに「第2弾以降の製作も現在検討中です」という意欲に溢れる力強いお言葉も聞けました。ファンの心をガッチリつかむ個性的なキャラクターたちのグッズ製作、またぜひともお手伝いさせていただきたいものです。

(ピンズファクトリー談)

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

ピンズの誕生とバタフライクラッチの歴史

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

JAMESの日記