ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.438 犬の鑑札

【会社・団体名】潮来市役所 環境課

PINS FACTORY(ピンズファクトリー) ピンズ製作実例 No.438 犬の鑑札

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質ステンレス
工法エッチング
着色ソフトエナメル
メッキなし
サイズ29mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。

No. 0108257
0906-A03茨城県

すべての犬の飼い主は、地元の自治体に「犬の登録」をする義務があることをご存じですか?これは狂犬病予防法に基づくもの。登録すると1頭ごとに識別できるよう「犬の鑑札」が交付されますので、それを首輪などに装着するようになっています。2007年度より、この犬の鑑札のデザインが自由化されたことに伴い、各市町村では、装着率をアップさせるために、独自にデザインを工夫した鑑札を製作するようになりました。

茨城県の潮来市役所環境課様でも、犬の登録制度に係る「犬の鑑札」の装着率アップを目指して、オリジナル・デザインの鑑札を製作されました。「市民に愛され、喜んで装着して頂けるような愛らしいデザインにしたい」という想いから、デザインに関してはかなりご検討されました。ピンズファクトリーの担当者からもいろいろとご提案をさせて頂きながら、外周は赤、内周は白という可愛らしい配色で、外周にはぐるりと犬の足跡を付け、一箇所だけハートマークにするという洒落た演出を施しました。これは、犬を家族の一員と考える飼い主さんが多いことから、犬への愛情を表現しているそうです。鑑札の中央には1頭ごとに異なるシリアルナンバーが刻印されています。

潮来市内では、既に2,500頭ほどの犬が登録済みで、4月よりデザインを一新した鑑札を交付するようになってからも100頭ほどが登録したそうです。鑑札のリニューアルについては、市の広報誌やホームページで告知していたため認知度が高く、「可愛い」、「世界に一つしかない鑑札」と人気の方もかなり高いとのこと。なかには「新しい鑑札が欲しいから」と登録し直す飼い主さんもいらっしゃるほどだとか!

大切な愛犬が迷子になることを防ぐとともに、殺処分される犬の頭数を減らすためには、登録制度を徹底させ、鑑札の装着率をアップさせることが有効な手段の一つと考えられています。そのために、可愛らしいデザインに生まれ変わった鑑札がお役に立てば、ピンズファクトリーにとりましても大変嬉しいことだと思っております。

(ピンズファクトリー談)

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

ピンズの誕生とバタフライクラッチの歴史

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

JAMESの日記