ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.447 マリア探偵社ピンバッヂ

【会社・団体名】株式会社理論社

PINS FACTORY(ピンズファクトリー) ピンズ製作実例 No.447 マリア探偵社ピンバッヂ

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質銅合金
工法スタンププレス
着色合成七宝
メッキブラックニッケル
サイズ22mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。

No. 0308250
0906-A17東京都

子どもの頃に出会った一編の物語が持つ影響力は、その後の人生に多大な変化をもたらします。高まる期待に胸を膨らませ、夜空に輝く星のような光を瞳の奥にたたえつつ、一心不乱に活字を追った経験は誰にでもあるでしょう。東京都新宿区に社屋を構える株式会社理論社様の創業は1947年。夢と希望の創作児童文学を中心とする出版業を営まれ、多くの少年少女に愛されながら50年という長い歳月が流れました。

この度、読者プレゼントとして使用するためのオリジナルグッズをご検討され、ホームページをご覧になってピンズファクトリーに「マリア探偵社ピンバッヂ」をご依頼いただきました。「マリア探偵社」というのは小学生から爆発的な支持を獲得している作品で、川北亮司先生が綴るテンポの良いストーリーと、大井知美先生の描く魅力的なキャラクターが渾然一体となったシリーズ物のライトノベル。その人気ぶりは10,000人を突破しているファンクラブの会員数からも容易に想像できます。

デザインのモチーフになっているのは登場人物の「将美」という女の子。緑色の髪の毛と大きな目、ピンクのカチューシャなどが鮮やかに仕上げられ、ちょっと憂いを含んだ表情も忠実に再現された、とても印象的な仕様のオーダーメイドアイテムとなりました。理論社様では「マリア探偵社」のメインキャラクターを使って順番にバッジを作られていて、今回は第3弾ということでうわさの美少女?「将美」を取り上げたのだとか。

「ピンバッジは人気があるので、プレゼントを付けると購買動機につながります」とおっしゃるご担当者様。製作上でのご苦労は特になかったとのことで、当社の対応については「連絡をマメに頂いたので助かりました」というご感想とともに「これからも機会がありましたらよろしくお願いします」のありがたいお声も聞くことができました。完成品は応募者の中から選ばれた500名の方々にプレゼントされたそうで、どこにも売っていない高品質なプレミアムキャラクターバッジは、さぞかし受け取った皆さんからも喜ばれたことでしょう。

(ピンズファクトリー談)

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

ピンズの誕生とバタフライクラッチの歴史

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

JAMESの日記