ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.483 会員バッジ

【会社・団体名】菊池氏奉賛会

PINS FACTORY(ピンズファクトリー) ピンズ製作実例 No.483 会員バッジ

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質銅合金
工法スタンププレス
着色無色
メッキアンティークゴールド
サイズ16mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。

No. 0409090
1001-A02宮崎県

皆さんは自分の家に代々伝わる紋章が、どんなものかご存じでしょうか。由来を紐解けば様々な意味を持つ「一族のマーク」は、時代の移ろいとともに継承される永遠不滅の家宝です。色々なリクエストにお応えしているピンズファクトリー、今回のオーダーメイド作品はグッと厳粛に「家紋」がモチーフ。地域にまつわる歴史の香りが色濃く漂うオリジナルアイテムを製作させていただきました。

嬉しいご依頼を下さったのは九州宮崎県からのお客様で、「ホームページがわかりやすかったから」との理由で当社にご連絡いただいたという児湯郡西米良村の菊池氏奉賛会様。村の礎を築いて「米良の殿様」と呼ばれた「菊池公」の偉業を後世に語り継ぐ役目を担った約320人の会員からなる団体で、最後の領主である則忠公の命日には神事を行い、その威徳を偲び顕彰するための会が開かれます。

会員の意識の高揚と相互の絆を深めるために製作された「会員バッジ」のデザインは、会長様とご担当の方が「これ以外にない」とお考えだった菊池家の家紋がモチーフ。武家の紋章として有名な「揃い鷹の羽紋」のシャープで美しいアウトラインがスタンププレス工法で表現され、金属の凹凸にアンティークゴールドのメッキをほどこし、高級感にあふれた重みのある仕様や素材の高い品質を極限まで引き出すことに成功しました。

完成品については「菊池家の家紋を使うということで少し緊張もしましたが、アンティーク調のシンプルなものに仕上がり、ご当主の方にも満足のいくものができました」とお褒めの言葉を頂戴し、会員の皆様にも大変喜んでいただくことができました。会員はほとんどが旧米良村の村民で高齢の方が中心だそうですが、バッジは12月に行われた大規模な会合でお披露目、販売もされ、若い世代にもアピールしやすくなったということです。村の象徴そのものとなった「会員バッジ」が、菊池精神をいつまでも伝承し続けてくれると良いですね。

(ピンズファクトリー談)

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

ピンズの誕生とバタフライクラッチの歴史

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

JAMESの日記