ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.502 Step Forward (一歩踏み出そう、日本の元気の為に)

【会社・団体名】株式会社長澤経営研究所

PINS FACTORY(ピンズファクトリー) ピンズ製作実例 No.502 Step Forward (一歩踏み出そう、日本の元気の為に)

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質銅合金
工法スタンププレス
着色ソフトエナメル
メッキ
サイズ29mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。

No. 0509142
1003-A12神奈川

株式会社長澤経営研究所様は中小企業の経営支援を行うコンサルタント企業で、新商品開発・販路開拓、経営革新・株式上場、商業施設の新設・改装、企業・団体の幹部研修、企業の創業から事業継承まで、様々な分野における支援を行っていらっしゃいます。また、異業種交流を促進させることにより、新商品の開発や市場開発、社会問題への対応など、全国各地の経済発展に貢献されています。

この度、長澤経営研究所様から製作を承ったのは、同社が主催されている「喧囂会」の賀詞交歓会で配布するためのオリジナルピンバッジ。喧囂会とは、意欲ある異業種の人たちが喧々囂々意見を戦わせて、この会での交流を通じて生まれる新しいビジネスやネットワークの拡大によって「日本の元気」に貢献する集まり。2010年2月4日に「―Step Forward―『ニッポンを元気にする!!会』」と銘打って、「第5回 喧囂会・2010年賀詞交歓会」が開催されました。この会は、日本の各地域の逸品を見直し、日本独自の優れた商品の開発・販売の仕組みを構築することを急務とし、「日本を元気にするために、国民ひとりひとりが一歩踏み出し、自分が出来る事をやろう」という呼びかけのもとに開催。参加者は、流通業、IT関係、建設業、広告業、サービス業、コンサルタント業など様々な業種に携わる方々です。

この会で記念品として配布されたのが、写真の―Step Forward―バッジで、デザインのモチーフは粋な色合いの京都の和傘。日本を元気にするプロジェクトの「元気」と、リボンには「KENGOUKAI」(喧囂会)の文字が刻まれています。デザインについて長澤社長にお伺いしたところ、「今、地域の技術や資源を活用した新商品開発を国を挙げて支援しています。今回は、私の出身地である京都の代表的商品として京和傘をデザインに使用しました。大きさのイメージが上手く掴めなくて、実際に付けるには少し大きめに仕上がったため、参加者の方々は記念品としてお持ち帰りになられていたようです」とのことでした。

(ピンズファクトリー談)

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

ピンズの誕生とバタフライクラッチの歴史

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

JAMESの日記