ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.521 Tokyo Bar Flyピンバッチ

【会社・団体名】森 史明

PINS FACTORY(ピンズファクトリー) ピンズ製作実例 No.521 Tokyo Bar Flyピンバッチ

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質銅合金
工法スタンププレス
着色ソフトエナメル
メッキブラックニッケル
サイズ19mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。

No. 0409172
1005-A05東京都

ピンズファクトリーでは様々な業界の企業や団体の方々とお取引させて頂いておりますが、時には個人のお客様からもご依頼を頂きます。今回のご依頼者である森史明様は、ある想いを込めてオリジナルデザインのピンバッチを製作されました。

「Tokyo Bar flyピンバッチ」は、「Tokyo Barflyの目印を作る」という目的で製作されました。「Barfly」は直訳すると「バーの蠅」。英語では「バーに入り浸っている人=酒飲み」というような意味だとか。森様ご自身、バーで一人で飲むのがお好きで、「お店や他のお客の迷惑にならないように飲んでいる人達の目印となり、そのバッチを着けている人はバーの“良いお客”と分かるようにしたかった」そうです。これまでに60個程配られたそうですが、その渡し方は大変独特。バーで一人で飲んでいる人に声をかけ、マスターにも仲間に入ってもらって意図を説明して渡すことが多く、また、マスターやバッチのデザインをされた知人の画家の方にも預けて配って頂いているそうです。

ピンバッチコレクターでいらっしゃる森様は、個人でバッチ製作ができるところをWEBで探し、「サンプルで見た形や素材の豊富さ」を決め手として当社にご依頼を下さいました。デザインを担当された画家の芦川雄二さんは、女性画や抽象画など様々な絵を描かれますが、彼が描いた猫の絵を気に入られた森様が、「ぜひピンバッチに!」ということで、猫がウィスキーのボトルを愛おしそうに抱えたユニークなピンバッチが完成。ところが……、なんと、「Barfly」の一文字が間違っていて「Barfry」になっていました!しかし森様は、「それも酒飲みらしくて面白い。次回製作する時にデザインを直せばいいやと思っています」といたって前向き。また、「たくさんピンバッチを持っていますが、その中でも仕上がりはBest。可愛く仕上がったので、バーで飲まない会社の女性にも好評です」とのことでした。

森様は、「10年後、20年後にふらっと入ったお店で、同じバッチを着けた人に出会ったらステキだなぁ」という想いを込めて、バーで静かにお酒を楽しむ「Barfly」達にピンバッチを渡し続けていらっしゃいます。

(ピンズファクトリー談)

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

ピンズの誕生とバタフライクラッチの歴史

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

JAMESの日記