ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.526 “クエピィ”ピンバッチ

【会社・団体名】白浜町商工会

PINS FACTORY(ピンズファクトリー) ピンズ製作実例 No.526 “クエピィ”ピンバッチ

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質銅合金
工法スタンププレス+プリント
着色ソフトエナメル+特色
メッキブラックニッケル
サイズ29mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。

No. 0809233
1006-A01和歌山県

和歌山県南紀白浜の白浜町商工会では、地元で養殖している魚「クエ」のブランド化推進事業(地域資源∞全国展開プロジェクトフォローアップ事業)を行っています。その一環として、クエのブランド案内人であるオリジナル・キャラクター「クエピィ」のピンバッチを製作しました。ピンズファクトリーさんに相談させて頂いたのは、以前、地元ホテルが周年記念ピンバッチの製作を依頼したと聞いていたためです。

ところで、「クエ」という魚をご存じでしょうか?クエは、水揚げが少ないことから「幻の魚」と呼ばれていました。しかし、白浜町にある近畿大学水産研究所がクエのふ化から成魚までの養殖に成功し、20年かけて安定的に生産できるようになりました。そして、2007年秋から、地元との連携で「紀州本九絵」として出荷を開始。クエはもはや「幻の魚」ではなくなり、町内の飲食店や旅館・民宿では、鍋をはじめ、刺身、クエ寿司、かき揚げ、クエ丼などバラエティ豊かなクエ料理を提供できるようになりました。

この南紀白浜のクエのブランド化を図るために生まれたマスコット・キャラクターが「クエピィ」。2008年に「クエキャラクターデザインコンテスト」を実施し、235点の応募の中からデザインを決定。さらに商工会のホームページで愛称を募集したところ、525件の応募があり、デザインにマッチした可愛らしい名前「クエピィ」に決定しました。「クエピィ」はクエ料理を提供している店舗の入り口にステッカーとして貼られたり、イベントのPRに利用されていましたが、キャラクターの個性を生かしたさらなる活用法を協議した結果、「観光客をおもてなしする意味でもピンバッチがふさわしいのでは?」という意見がきっかけとなって今回の製作となりました。

完成品を手にした時は、その仕上がりの良さに早速つけたくなってしまったほどで、評判も上々です。今後は、地域の各団体の方々や商工会関連の店の従業員など接客に係わる人たちが積極的に着用することで観光客をおもてなしできればと考えています。また、このピンバッチを着用することにより地域内での連携がより深まることにも期待しています。

(お客さま談)
関連サイト:
白浜町商工会 >>

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

お客様とピンズファクトリーのコラボレーションの軌跡

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

JAMESの日記