ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.577 こゆりちゃんピンズ

【会社・団体名】西会津町(企画情報課)

PINS FACTORY(ピンズファクトリー) ピンズ製作実例 No.577 こゆりちゃんピンズ

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質銅合金
工法プリント
着色特色
メッキ
サイズ29mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。

No. 0510150
1102-A02福島県

今まさに百花繚乱のご当地ゆるキャラ界に、霊峰飯豊山(いいでさん)からの使者、オトメユリの妖精「こゆりちゃん」というかわいい仲間が加わりました。山育ちのこゆりちゃんは、ひょんなことから麓の西会津町に下りてきて、そこで過ごすうちに町やそこに住む人々が好きになってそのまま居つき、恩返しのつもりか一肌脱いで、西会津町のPR役を買って出たそうですよ。というわけで、今回紹介いたしますのは、会津の西の玄関口、福島県の北西部は耶麻郡にある西会津町役場様が、ゆるキャラ界にポンッと元気よく咲かせた一輪の花、こゆりちゃんピンズでございます。

「缶バッジなどと比べると、公の場でも違和感なく気軽に付けることができる」という理由から、西会津町のイメージキャラクター「こゆりちゃん」グッズの一つとして企画されたのが写真のピンズ。完成品の一部は、プラケースに入れられて無料配布用や記念品として、その他は販売用として道の駅や、「西会津雪国まつり」「西会津ふるさとまつり」等、町のイベント会場で販売されて、町内外の方々からの評判は上々。会場ではお孫さんに土産として買っていかれる、おじいさま、おばあさまの、微笑ましい姿が見られたそうです。

こゆりちゃんのデザインは、全国から応募があった365作品の中から選ばれたもので、そのモチーフは、町の花のオトメユリ。西会津町の山地に多く自生しており、その花言葉は「飾らぬ美」。素朴で美しい、まさに西会津を象徴する花です。次に足元に目をやると、今度は古くから会津で栽培され、西会津町の町の木ともなっている桐でできた、特産品の桐下駄をさりげなく履きこなし、背中の緑色の羽は、葉っぱをイメージしたものだとか。そう、こゆりちゃんは飛べるんです!

当社の対応に関しましては、「送られてきたサンプルセットのお陰で、仕上がりのイメージが分かり易く、大変ありがたかった」「資料請求から納品までのサービスには大変満足しています」「(当社担当者には)色々なわがままにも対応してもらい、ありがとうございます」と、おほめの言葉をいただきました。今や一番人気というこゆりちゃんピンズが、今後もたくさんの人を楽しませてくれるといいですね。

(ピンズファクトリー談)

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

ピンズの誕生とバタフライクラッチの歴史

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

JAMESの日記