ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.581 やましろひまわりピンバッヂ

【会社・団体名】NPO法人みどりの学校

PINS FACTORY(ピンズファクトリー) ピンズ製作実例 No.581 やましろひまわりピンバッヂ

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質銅合金
工法スタンププレス
着色ソフトエナメル
メッキ
サイズ22mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。

No. 0510199
1102-A06山梨県

安くて新鮮な地元の野菜、特産品やご当地グルメを求める人々で、週末には大変な賑わいを見せる、日本各地の道の駅。その道の駅が掲げる「地産地消」の理念は、今やエネルギーの世界にまで広がったようです。

自立した地域の人々の共同の力で自然エネルギーの利用を広げ、地球温暖化防止と持続可能な社会づくりに寄与することを目指す、山梨県甲府市のNPO法人みどりの学校様は、「エネルギーも地産地消!」を合い言葉に、地元の人々と協力して、甲府市内に太陽光を利用した市民立共同発電所を設置し、電気の地産地消のみならず、地球温暖化防止などの啓発活動を行われています。

そんなみどりの学校様が、環境教育の一環として、次世代を担う子供たちが通う甲府市立山城小学校校庭内に「山城ひまわり第2発電所(太陽光発電時計)」を設置。この度ご紹介するピンバッヂは、2011年2月7日に児童や先生、山城地区の役員の方々など900人以上が参加して同校庭で行われた点灯式で、記念品として配られたという、やましろひまわりピンバッヂです。

ご担当者様が、以前当社で製作を承った「ライトダウン甲府バレー(実例NO.20)」のご関係者だったというご縁で、ご依頼くださったピンバッヂのモチーフは、ずばり「ひまわり」と「太陽」。太陽光発電パネルがひまわりなら、そのエネルギーが太陽といったところでしょうか。そして、ひまわりの花の中央には、子供たちが喜んでくれそうなクリーム色の蓄光色を採用。文字通り光を蓄え、暗闇で光る性質をもつ蓄光は、自然エネルギーを利用した太陽光発電にぴったりとマッチしています。

完成品については、「山城ひまわり第2発電所にふさわしい、素晴らしいバッヂ。小学生や関係者はことの取り組みに参加したことに誇りをもって着けています」とのお言葉を頂戴し、地区役員の皆さまも毎日着けてくださっているほか、160個のバッジを贈呈された山城小学校では毎年環境委員の生徒さんがこのバッジを着ける予定だそうです。

(ピンズファクトリー談)

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

ピンズの誕生とバタフライクラッチの歴史

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

JAMESの日記