ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.604 キーリング

【会社・団体名】株式会社M-TEC

PINS FACTORY(ピンズファクトリー) ピンズ製作実例 No.604 キーリング

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質銅合金
工法スタンププレス+プリント
着色合成七宝+特色
メッキニッケル
サイズ35mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。

No. 0210394
1106-A03埼玉県

埼玉県朝霞市に本社を構える株式会社M-TEC様は、レース用自動車エンジンや、HONDA車用のアフターパーツの開発・製造・販売などを行う会社です。力強い筆書体でインパクトのある「無限」の商標は、同社様が製造・販売・許諾する商品にのみ使用できるもの。モータースポーツファンはもとより、車に多少なりとも興味があるという人々の、垂涎の的となっています。今回ご紹介するキーリングは、キャンペーン期間中に無限商品を購入したユーザーだけが手にすることが出来る、プレミアムな一品です。

最大幅35mmと、迫力十分のプレートの真ん中に据えられたモチーフは、無限スピリットの原点というモータースポーツの花形フォーミュラ・ニッポンに参戦中の“TEAM 無限”が誇るマシン。そのマシンを無限デザインの粋を余すこと無く伝える俯瞰アングルで表現し、合成七宝5色とプリント4色を用いて、ノーズのタイヤ供給メーカーのロゴマークや、HONDAマークといった細部にわたるまで、精巧に再現しています。

そしてもちろん、キーフックを留めるループの下には、憧れの「無限 MUGEN POWER」のロゴを、間にマシンを挟んでその下には「2011 SERIES」の文字を配し、均整のとれたスマートなイメージの作品は、大人の価値観をも満足させるオリジナルグッズとなりました。また、ご担当者様には「価格以上の出来栄え。お客様にも大変喜ばれている」と、嬉しい評判もお聞かせいただけ、販促用アイテムとしての役目もきっちり果たせているようです。

6月5日に大分県日田市のAUTOPOLISで行われた、「2011年 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン」第2戦の決勝では、ゼッケン16番、山本尚貴選手が駆る、“TEAM 無限”のマシンが5位に入賞、見事4ポイントを獲得しました。この調子で、次戦、舞台を静岡県に移し、富士スピードウェイで行われる第3戦からの、怒濤の巻き返しを期待せずにはいられません。私たちPINS FACTORYも“TEAM 無限”を応援しています!

(ピンズファクトリー談)
関連サイト:
株式会社M-TEC >>

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

ピンズの誕生とバタフライクラッチの歴史

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

JAMESの日記