ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.612 againピンズ&ストラップ

【会社・団体名】ふるさと復興支援net.

PINS FACTORY(ピンズファクトリー) ピンズ製作実例 No.612 againピンズ&ストラップ

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質ステンレス
工法プリント
着色特色
メッキなし
サイズ22mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。

No. 0511054
1108-A01東京都

2次・3次の災害を誘発した東日本大震災から、早くも半年の月日が過ぎようとしていますが、地震の後に残ったのは悲惨な光景ばかりではありませんでした。それは全国から湧き上がった被災地支援の熱い気持ちと、復興を目指す決意に満ちた人々の力強い志。一人ひとりの心が集まった支援の輪は被災地に流れ込み、いくつかはピンズファクトリーを経由してオーダーメイドアイテムとともに東北へと向かいました。今回ご紹介させていただくのは、そんな想いが詰まった「絆仕様」のオリジナルグッズ。その名も、ふるさと復興支援net.様より承った「againピンズ&ストラップ」です。

東京都立川市にお住まいで活動の中心にいらっしゃる芦分様がご依頼を下さったのは、募金協力の呼びかけやPRに使うためのツール製作を思い立たれ、ネット検索で見つけた当社のホームページで、仕上がりの良い作品をご覧になったのがきっかけ。創り起こしのデザインは東京デザインスクール出身でプロとしてご活躍される山口真海さんによるものです。日の丸をモチーフにした2つの丸い形が表わすのは、大きい円が「日本」で小さいほうが「ふるさと(被災地)」。「もう一度」や「再び」を指す「again」の黒い文字が、赤と白の2色にアクセントを加えます。

プリント工法でハイグレードな品質が一層引き立った完成品は、山口さんをはじめとして芦分様とボランティア活動をともにされるご友人や知人の方々からも上々の評判とのこと。特にストラップタイプは大好評とのこと。微力ながらお手伝いをさせていただいた当社には「親身になってご協力いただきました」と、ありがたいお言葉もかけていただくことができました。どれくらいの時間がかかるのか見当もつかない被災地支援。小さな2つの支援グッズが与えられた役目をシッカリ果たしてくれることをピンズファクトリーも願ってやみません。

(ピンズファクトリー談)

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

お客様とピンズファクトリーのコラボレーションの軌跡

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

JAMESの日記