ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.621 オンニコピンズ

【会社・団体名】株式会社オンデーズ

PINS FACTORY(ピンズファクトリー) ピンズ製作実例 No.621 オンニコピンズ

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質銅合金
工法スタンププレス
着色無色
メッキ金orニッケルorアンティークコパー
サイズ19mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。

No. 0411051
1110-A03東京都

どんなことでも極めると最終的に到達するのは「芸術」の域。神業とも言える高度な技術によって生み出される作品は、それを目の当たりにした人と同じ数の「称賛」を呼び、いつ果てるともない「感動」の増幅を繰り返します。東京・大阪・福岡の3拠点で事業展開される株式会社オンデーズ様が手掛けられるのはメガネの製造・販売。自社ブランドが送り出す製品は、単なる視力矯正具の枠に収まらず、デザイン・品質・コストのどれを取っても最高レベルです。

現状に決して甘んじることのない同社では、スーパーバイザー(店舗スタッフの指導者)や販売スタッフ向けに、約3カ月のサイクルで独自の社内試験が設けられ、合格者に授与される技能章の目的で製作されたのが「オンニコピンズ」でした。ピンズファクトリーへのご用命はギフトショーがきっかけだそうで、ピンズのモチーフとなった個性的なオリジナルキャラクターは、店舗の内装サインや印刷物などにも使われているものなのだとか。

着色を施さず金・銀・銅のメッキのみで仕上げられた完成品は、それぞれ特級・1級・2級の差別化を図るための使い分けが可能な仕様。ピンズを受け取ることが出来るのは社内資格の「眼鏡加工検査技師」に合格した方々で、自社のシンボルを19mmサイズに縮めたオーダーメイドアイテムは、厳しい試験にパスされた皆さんからの評判も上々とのこと。ご担当者様には「期待した効果も得られそうで満足」と高い評価をいただくことが出来ました。

メガネにありがちな「高価なもの」というイメージを打ち破りながらも、その本質と可能性を追求し続ける株式会社オンデーズ様のプロフェッショナル・スピリット。ご自身の資格をアピールするユニークなステイタスピンズを名札のストラップに装着し、自信と誇りを胸に日々の業務の中でお客様と接するスタッフの方々からは、長年にわたって築き上げられた自社の「信頼」と「実績」が絶え間なくにじみ出ているようです。

(ピンズファクトリー談)

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

ピンズの誕生とバタフライクラッチの歴史

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

JAMESの日記