ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.630 がーびるPINS

【会社・団体名】がーびる

PINS FACTORY(ピンズファクトリー) ピンズ製作実例 No.630 がーびるPINS

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質銅合金
工法スタンププレス
着色ソフトエナメル
メッキプラックニッケル
サイズ22mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。

No. 0411100
1111-A05富山県

私たちの暮らす日本は世界の中で見るとアジアに属する「日出ずる国」。何かにつけて比較される洋の東西ですが、最近は東洋のエキゾチックな味わいが、分野を問わず人気上昇中のようですね。当社のピンズレターにステキなイラストを提供して下さる吉沢深雪さんの描くネコに魅せられ、「もらった人に嬉しくなってもらいたい」という思いから、かわいいアヒルのオリジナルグッズを製作された「がーびる」様も、富山県中新川郡立山町にある喫茶+アジアンテイストの衣類や雑貨を取り扱う隠れ家のようなお店。ネーミングの「がーびる」はアヒルの鳴き声と沖縄弁の合体語で、ご年配の女性客が中心というお店では年に4回ほどフォークやバイオリンのライブも開催されています。

オープン10周年のメモリアルシーンを彩る記念品と、お店を支えて下さった皆さんに感謝の気持ちで贈るプレゼントを兼ねて、ピンズファクトリーにご依頼をいただいた作品は、店名も入っている「がーびるPINS」。モチーフになっているアヒルの絵は、イラストレーターの沢田としきさんがサインに添えて本に描いて下さったものを、沢田さんの奥様がデザインされたのだとか。残念なことに沢田さんは帰らぬ人となったそうですが、フリーハンドの線がおりなす温かみのあるイラストは、お店のために沢田さんご自身が桜の板で手作りされた看板や、名刺などにも使用されています。

のどかな雰囲気を確かな品質で仕上げた完成品は、原画をそのまま再現したオーダーメイド仕様ならではの出来栄えが大反響を呼び、売ってほしいという人がいらっしゃるほどの評判を受け、現在、販売用に追加発注も計画中とのこと。ギフトショーでは必ず当社のブースを訪ねるとおっしゃる経営者様のお人柄や、のんびりとした時間の流れが満喫できるお店のムードを、小さなアヒルの姿に込めたアニバーサリーアイテムは、受け取った人を間違いなく嬉しさで一杯にしてくれることでしょう。

(ピンズファクトリー談)

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

お客様とピンズファクトリーのコラボレーションの軌跡

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

JAMESの日記