ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.634 door pins

【会社・団体名】Luckand(ラカンド)

PINS FACTORY(ピンズファクトリー) ピンズ製作実例 No.634 door pins

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質銅合金
工法スタンププレス
着色無色
メッキアンティークシルバー
サイズ27mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。

No. 0411098
1112-A02東京都

ものを作る時のベースとなるのは日本語で「製作意図」を指した「コンセプト」という言葉。どんなに素晴らしいテクニックをフルに用いて、最高と言われる品質を持った素材を使ったとしても、作り手側や依頼主の「コンセプト」がブレていては、せっかくの作品も台無しになってしまいます。逆を言えば「コンセプト」がシッカリしたものは、おのずと高い評価を獲得するとともに、たくさんの人たちから支持されるでしょう。

とっても印象的な「door pins」をご用命下さったLuckand(ラカンド)様は「Value added(付加価値)」をコンセプトに、新しいスタイルを提言する渋谷区神宮前のショップ&ギャラリー。店内には色々なジャンルのクリエイターさんたちが腕をふるった様々な品物が並べられ、ミュージシャンやアーティストとの「つながり」や「融合」が、ショップという空間を通じて演出されています。

かねてより販売用にオーダーメイドピンズをご検討されていたLuckand様、以前からお付き合いのあったことやピンズに特化しているという理由で、ピンズファクトリーに製作のご指名をいただきました。社内のデザイナーさんが手掛けられたデザインは、お店の入り口のドアをモチーフにしたリアリズムの塊。ガラス越しに見える木の枝まで丁寧に仕上げられ、細かい段差を付けることでドアノブも忠実に表現された究極の仕様です。

完成品に向けられた期待はドアのイメージをどこまで再現できるかでしたが、本物同様の風合いと上部に入った店名もバランス良くまとまり、同ショップの雰囲気にピタリとマッチ。ご要望を網羅して誕生したこだわりのアイテムは、ご担当者の方にもご満足いただくことができ、当社スタッフに対しても「デザインやデータも良く見ていただき、色々ご相談に乗っていただき、非常に助かりました」とのコメントを頂戴しました。

(ピンズファクトリー談)
関連サイト:
Luckand(ラカンド) >>

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

ピンズの誕生とバタフライクラッチの歴史

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

JAMESの日記