ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

社章製作実例:No.053 社章

【会社・団体名】株式会社有明楽器 大進ゼミナール

PINS FACTORY(ピンズファクトリー) ピンズ製作実例 No.053 社章

※上記の写真は原寸大ではありません。

社章データ
材質
工法スタンププレス
着色無色
メッキニッケル
サイズ15mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。


0701-A20

熊本で個人指導型学習塾を運営されている大進ゼミナール様では、小学1年生から大学浪人生まで幅広い年代の生徒さんが学習に励んでいます。「個人指導」という指導形態は、「集団指導型と家庭教師型、2つの指導形態それぞれの短所をなんとかしたい」、「一人ひとりの個性に合わせて、生徒自身が考えることを重視した授業を行いたい」という2つの想いからスタートしたそうです。そして現在、生徒一人ひとりに合わせたカリキュラムとシステム個人指導によるきめ細やかな授業を実践されています。

最初にピンズファクトリーにご依頼を頂いたのは、2005年9月。2006年春に開校10周年を迎えるにあたっての記念に、また、アルバイトスタッフの帰属性を高めるためにと初めて社章を製作されました。デザインについては、「DAISHIN」の「DS」と、三角定規や文具をモチーフとしたロゴを使用。社員の方のアイデアを元に試行錯誤された結果決定したこのユニークなロゴの正式名称は「大進パワー君」だそうです。

今回、追加発注を頂いた理由について、ご担当者様から、
「弊社塾部門の全スタッフが付けていますので、士気や帰属性の向上ははかれていると思います。これを欲しがる生徒もおりまして、評判は上々です。追加発注を決めた理由は、担当の方の丁寧な応対と御社製品の質の良さです」
と嬉しいコメントを頂いております。

■ピンズファクトリー担当者コメント■
社章・ピンズ製作では、表面のデザインだけでなく、アタッチメント装着を考慮することも重要なポイントになります。小さいものではありますが、回転留めがついていても、装着の位置によってはバランスをくずし、重みのあるほうに下がってしまう可能性があるからです。その為、文字の入ったプレート部分に若干幅を持たせ、安定させることで、力強いイメージを損なわないよう工夫致しました。
「大進パワー君」、これからもどうぞよろしくお願い致します。

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

ピンズの誕生とバタフライクラッチの歴史

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

JAMESの日記