ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

社章製作実例:No.116 社章

【会社・団体名】東京ステーション開発株式会社

PINS FACTORY(ピンズファクトリー) ピンズ製作実例 No.116 社章

※上記の写真は原寸大ではありません。

社章データ
材質銅合金
工法スタンププレス+プリント
着色合成七宝+特色
メッキ
サイズ16mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。

No. 0807121
0805-A05東京都

東京駅の八重洲口に直結し、和菓子・洋菓子・テレビやアニメのキャラクターグッズなどの東京土産をはじめ、飲食・喫茶・ファッション・雑貨など、さまざまなお店が集まり多くの人を楽しませてくれる「東京駅一番街」。この「東京駅一番街」を運営しているのが、駅ビル業を営む東京ステーション開発株式会社様です。「東京駅一番街」のシンボルマークとロゴが一新されることになり、新規に社章を製作されることになりました。

シンボルマークをモチーフとした社章は、一番街の「1」とstreetの「st」を組み合わせたデザイン。東京の玄関口でFirstAvenueを象徴し、常に一番のサービスを提供する東京駅一番街でありたいという思いが込められています。ご担当者様に感想を伺ったところ、「ピンバッジの製作上の制約(材質、色をつけられる部分の限界等)により、実際のシンボルマークを簡素化したデザインになりましたが、結果的には良いものができました。評判も良く、製作前に予想していた以上に着用者が多い状況です」と、嬉しい誤算もあったとか。社章の本来の目的である「共有認識の熟成」はいうまでもなく、社員のモチベーションアップにも大いに貢献してくれることでしょう。

■ピンズファクトリー担当者コメント■
CIでの制約とピンズや徽章における制限をクリアーしてこの社章はできあがりました。本来は特色で表現するところメッキで表現したりと難しい点はありましたが、喜んでいただいていることで大変うれしく感じております。
現在東京駅は皇居側と日本橋側どちらも再開発工事の真っ最中です。またどちらも新駅舎の建替え作業もあります。新しい街・新しい人の流れ、そして東京の玄関口という立地もあり、東京駅一番街も益々発展することでしょう。

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

ピンズの誕生とバタフライクラッチの歴史

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

JAMESの日記