ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

社章製作実例:No.259 社章

【会社・団体名】大垣・職業センター

PINS FACTORY(ピンズファクトリー) ピンズ製作実例 No.259 社章

※上記の写真は原寸大ではありません。

社章データ
材質銅合金
工法スタンププレス
着色ソフトエナメル
メッキブラックニッケル
サイズ16mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。

No. 0512153
1211-A01岐阜県

岐阜県大垣市の大垣・職業センター様は、公共職業訓練学校をはじめ、人材派遣業、職業紹介事業、障がい者就労支援などに携わる事業をおこなっている企業様です。今回の社章は創立10周年の記念として、さらには従業員の方々のモチベーションアップも図りたいという思いから製作されました。

デザインは社内で募集され、大垣・職業センター様にとってはとても大切な漢字、「職」の中に人を表す「笑顔(スマイル)」や「広げた手」「足」を配置したデザインが採用されました。最初は手描きのデザインからのスタートで、決定までにかなりの時間がかかったそうですが、16mmというサイズの中に青、黄色、緑色など8色もの色を使ったカラフルな作品に仕上がり、ご担当者様からも「文字が複雑なため何度も打ち合わせが必要でしたが、最終的には思い通りのものが作成できました」と、感謝のお言葉をいただきました。

女性従業員が多い職場で、完成品は「かわいい」と好評とのこと。社章のスマイルように、毎日、笑顔でお仕事に励まれる皆さんの姿が目に浮かぶようですね。
■ピンズファクトリー担当者コメント■
最初にご相談頂いた際に、原案を拝見し、果たしてどう製作するべきか、と思いました。
「この部分は可能でこの部分は修正を」というやりとりを、何度も繰り返し、ご希望の仕上がりと製品としての耐久性を両立させるにはどうするべきか、お客様にもかなり忍耐のいるやりとりだったかと思います。完成した社章は、当初のイメージを崩さず再現出来たこと、担当といたしましても嬉しい限りです。生きていくうえで必要な「職」、一説にはこの漢字には、「言葉を聞いてしっかり認識する」「与えられた命令を正確に理解し実行する」というような意味あいがあるようです。大垣・職業センター様がこれからも多くの「職」を生み出していくことを、この度の社章が多くの皆様に語りかけることを信じております。

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

ピンズの誕生とバタフライクラッチの歴史

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

JAMESの日記