ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.689 オレンジ∞パープルリボン

【会社・団体名】公益財団法人大阪YWCA

PINS FACTORY(ピンズファクトリー) ピンズ製作実例 No.689 オレンジ∞パープルリボン

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質銅合金
工法エッチング
着色ソフトエナメル
メッキ
サイズ22mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。

No. 0412012
1208-A02大阪府

近年、新聞やニュース等で女性や子どもたちが暴力にさらされる痛ましい事件の報道に触れない日はなく、今や深刻な社会問題となっているDVや児童虐待。被害に遭われた女性や子どもたちは、身体的な傷ばかりではなく、心にも大きな傷を負うといいます。

「エンパワーするNGO」を標榜する公益財団法人大阪YWCA様は、DV被害に遭われた女性の自立支援や、女性と子どもへの暴力を防止する啓発活動、子育て支援、また、NPOやNGOのリーダーとなる人材の育成等、女性を「エンパワーする(力を再び取り戻す)」活動を通して、暴力の無い男女共同参画社会の実現を目指す大阪府のNGO。この度ご紹介する「オレンジ∞パープルリボン」には、そんな大阪YWCA様の「暴力のない世界を創る!」という強い思いが込められています。

「女性への暴力と児童虐待は互いに影響し合っている」との考えを基に、女性エンパワメント部委員会のミーティング中に生まれたというアイディアから、児童虐待防止のシンボルマークであるオレンジリボンと、女性に対する暴力根絶運動のシンボルマークであるパープルリボンを表裏として組み合わせ、既存のリボンの縦長のデザインではなく、丸みをつけることでかわいらしく仕上げました。

写真より現物の方が良いと好評のオレンジ∞パープルリボンは、現在大阪YWCAの会館で販売され、「女性と子どもへの暴力を許さない」、「社会から暴力をなくす」という趣旨に賛同する方ならどなたでも購入することが可能です。ご担当者様からは、「色々決めるのに時間がかかったり、話が二転三転してしまいましたが、根気よく付き合っていただいて感謝しております」というお言葉を頂戴しております。

(ピンズファクトリー談)

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

ピンズの誕生とバタフライクラッチの歴史

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

JAMESの日記