ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.692 MEFOS 50th Anniv. 章

【会社・団体名】株式会社メフォス

PINS FACTORY(ピンズファクトリー) ピンズ製作実例 No.692 MEFOS 50th Anniv. 章

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質銅合金
工法スタンププレス
着色合成七宝
メッキニッケル
サイズ15mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。

No. 0512024/25
1208-A06東京都

「MEFOS 50th Anniv. 章」は、株式会社メフォス様が設立50周年を記念して、「名刺と併せてピンバッチを使用したい」という営業部署からの希望によりご製作されたメモリアルアイテムです。メフォス様は、前身となる大日本給食株式会社の1962年の創業より、コントラクトフードサービス(給食業)のパイオニアとして、学校・保育園における集団給食、オフィス・工場・各種施設における産業給食、そして、福祉施設・病院における病院給食と、長年にわたり培った知識と経験を活かし、お客様のニーズにきめ細かく対応する給食事業を全国展開されています。

ご担当者様にデザインを決定されるまでの苦労話を伺ったところ、「イラストレーター等のドローソフトを所有しておらず、手持ちのソフトで間に合わせたこと。社名ロゴに“50th”の文字を加えるというシンプルなデザインコンセプトがあったため大した苦労はなく、名刺の訴求コピー(「SINCE 1962」、「おかげさまで」)との統一性を持たせた程度」とのことでした。ちなみにロゴデザインは、“MEdical”、“FOod”、“Service”の頭のアルファベットをつなげた社名と、「医食同源」を尊重する同社様らしく、「メディカル=医療」を連想する十字の意匠を融合させたもので、オレンジ色はコーポレートカラーになっているそうです。

そうして完成したデザインを元に、ロゴ部分を凹にして合成七宝で色差しする工法と、プリントする2パターンで試作され、その結果、高級感に勝る前者の工法で晴れて量産されたMEFOS 50th Anniv. 章は、マンパワーを担う営業スタッフと、一定の役職者の方々が1年間着用されるとのことです。「イメージよりさらに良い仕上がりという声が大です」という、うれしいご評判をお聞かせいただいており、社員の皆様の意識向上と対外訴求という本来の役目もしっかり果たされていらっしゃいます。

(ピンズファクトリー談)

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

ピンズの誕生とバタフライクラッチの歴史

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

JAMESの日記