ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.696 50周年記念ピンバッチ

【会社・団体名】荒川電工株式会社

PINS FACTORY(ピンズファクトリー) ピンズ製作実例 No.696 50周年記念ピンバッチ

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質銅合金
工法スタンププレス+プリント
着色 合成七宝+プロセス
メッキニッケル
サイズ26mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。

No. 0512087
1209-A01高知県

社員の方が1年間着用し、周年記念を内外にアピールします

お客様からお預かりしたメッセージを小さな形に込めて、広く発信するピンズファクトリーのオーダーメイド作品。高知県高知市からご依頼を下さった荒川電工株式会社様が、26mm仕様のスペースに託されたのは、めでたく創立50周年を迎えられた会社のお祝いと、電気工事・プラント・信号工事・住宅設備の各事業に対する揺るぎない自信、そして環境保護や代替エネルギーの開発にかける熱い心。イベントコンサルの方からのご紹介がきっかけで当社に製作をご用命いただいたのは、これらの目的を1つにまとめ上げた「50周年記念ピンバッジ」というオリジナルアイテムです。

テーマを的確に捉えたデザインは50周年を表す「50th」と、時代の潮流を掴んで正義を貫く「Catch the trend, do justice」のスローガンに、世界最小の鳥として知られる「ハチドリ」を組み合わせたもの。数字のゼロにはめ込まれた水色の地球が目を引きます。ハチドリが盛り込まれたのは、同社の環境コミットメントがアンデス民話の「ハチドリのひとしずく」に因んでいるから。森を包む炎に口ばしで1滴ずつ水を落とし、周囲の嘲笑に「できることをしているだけ」と答えたハチドリの「クリキンディ」は、環境に配慮したネクストステージを目指されている同社の記念品に相応しいモチーフです。

海より深く大きな想いをコンパクトなサイズに収め、赤・青・白の3色を基調に仕上げられた完成品は、社員用として1年間の着用期間が設けられているそうで、このロゴは記念のイベントやグッズにも活用していらっしゃるとか。重要な役割をいくつも担って誕生したピンバッジは、社員の方々だけでなく社外からの評判も上々とのことで、当社の細かい対応や品質には感謝のお声が寄せられました。4つの事業を軸に未来を見据えて前進する荒川電工株式会社様、できることから行動に移すことの大切さを訴える企業姿勢は、アニバーサリーピンズを身に付ける社員の皆さんにもシッカリと息づいていることでしょう。
(ピンズファクトリー談)

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

ピンズの誕生とバタフライクラッチの歴史

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

JAMESの日記