ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.699 マティーニ・キャット

【会社・団体名】伊藤 友貴

PINS FACTORY(ピンズファクトリー) ピンズ製作実例 No.699 マティーニ・キャット

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質銅合金
工法スタンププレス
着色合成七宝
メッキニッケル
サイズ17mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。

No. 0212071
1209-A05東京都

自分の「今」を表現した記念ピンズをお世話になった方へプレゼント


ピンズファクトリーには少数派ながら個人のお客様から承る案件もあって、その用途は大半が趣味やコレクションとして使われるオリジナルグッズとなっています。しかし、中には個人的なご用命によって出来上がったオーダーメイド作品が、感謝を込めたプレゼントに早変わりするケースもあります。東京都中央区新川の日本酒類販売株式会社にお勤めの伊藤友貴様が、ご自分用に製作された非常におしゃれな「マティーニ・キャット」は、まさしくその通りのマルチな活躍ぶりで大反響を巻き起こしているピンズ。元々は個人的に使用するメモリアルグッズとして当社にご依頼が寄せられたものでした。

今回のアイテムが誕生したきっかけは、当社のお客様でもある日本バーテンダー協会様のイベントブースで当社の実績をご覧になった伊藤様が、「いつか自分も作りたい」と思われたことでした。勤務先では食品流通における酒類の卸売業に携わっていらっしゃる伊藤様、ご担当はリキュールとハードリカーで営業先はオーセンティックバーが多いとか。ご自身もカクテルには造詣が深く、お気に入りは「マティーニ」だそうです。そんな状況を受けて生まれたピンズが担うのは、ご自分の「今」をとどめる記念品の役割と、お世話になった人たちへのプレゼント。デザインはカクテルグラスと猫を組み合わせた思い入れの強いものとなりました。

モデルの猫は伊藤様がご自宅で飼っていらっしゃるアメリカン・ショートヘア。オリーブの実に見立てたグリーンのラインストーンが絶妙なアクセントになっています。猫の表情については非常に悩まれましたが、鼻と口だけを入れることで洗練された仕様となり、丁寧な仕上げや品質の高さには「思っていた以上に良い出来」と、お褒めのお言葉をいただきました。完成品はお渡しした方々からも好評だそうで、伊藤様にとって愛猫とカクテルを1つにしたモノトーンのピンズは、公私の両面で大切な宝物になったようです。

(ピンズファクトリー談)

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

ピンズの誕生とバタフライクラッチの歴史

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

JAMESの日記