ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.712 ネイチャーアクアリウムパーティー2012記念ピンズ

【会社・団体名】株式会社アクアデザインアマノ

PINS FACTORY(ピンズファクトリー)製作実例 No.712 ネイチャーアクアリウムパーティー2012記念ピンズ

  • 2013年度用

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質銅合金
工法スタンププレス
着色合成七宝
メッキ
サイズ28.6mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。

No. 0512168
1212-A05新潟県

細部にもこだわってファン心をくすぐるイベント用記念品

盆栽の好きな人たちが趣味の延長などで作る「箱庭」は、手塩にかけて枝振りや体裁を整えた鉢植えを実際の樹木に見立てて、自然の野山や風景をミニチュア仕様でリアルに仕上げた小さな芸術品。簡単に言うと天然の素材を使って製作する「ジオラマ」というところでしょうか。箱庭は陸上の環境を表したものですが、これをそっくりそのまま水の中に持って来ると、そこに広がるのは水棲生物たちの織りなす命の営み。イベント用の記念グッズをご用命下さった新潟県新潟市の株式会社アクアデザインアマノ様は、そんな究極の世界が楽しめる「ネイチャーアクアリウム」の生みの親でいらっしゃいます。

同社の事業は水槽や水草育成用品の製造販売と、製品に関連した印刷物の編集やデザイン。作品は毎年の恒例イベント「ネイチャーアクアリウムパーティー」で、参加した方々に配布するオリジナルグッズです。当社へのご指名は様々な実例でご覧いただいた品質や技術の高さが決め手でした。ピンズは記念品のマストアイテムになっているそうで、毎回楽しみにしているコレクターもいらっしゃるとか。ブランドイメージ向上にも繋がっているという2012年の新作は、過去の配布物にも使われた「アカメアカガエル」がモチーフです。

水中の生態系を再現する「ネイチャーアクアリウム」の愛好者は30〜40代の男性が多く、その裾野は世界63の国や地域に広がっているそうです。ファン心をくすぐるようなイメージを追及した記念ピンズは、6カ所に抜き型を用いて複雑な形の手足を見事に表現し、「2012 NATURE AQUARIUM PARTY」の文字も入った会心作。参加者の皆さんからも「今回は特にいい」と大好評を博した完成品には、「ディテールも理想通りで非常に満足しています。こちらの無理な要望にも前向きに相談に乗っていただき助かりました」とのお声を頂戴し、当社も大きな達成感を味わうことが出来ました。
(ピンズファクトリー談)

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

お客様とピンズファクトリーのコラボレーションの軌跡

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

スタッフブログ

JAMESの日記