ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.732 すだちくんピンクリボン

【会社・団体名】徳島大学 胸部・内分泌・腫瘍外科 NPO法人徳島乳がんネットワーク

PINS FACTORY(ピンズファクトリー)製作実例 No.732 すだちくんピンクリボン

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質銅合金
工法スタンププレス+プリント
着色合成七宝+特色
メッキブラックニッケル
サイズ26mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。

No. 0412277
1305-A01徳島県

「地域」と「医療」のコラボが生んだ乳がん診療のシンボルピンズ

ピンズファクトリーではオーダーメイドアイテムの製作を、「お客様とのコラボレーション」として捉えていますが、出来上がるオリジナルグッズのデザインそのものが、コラボレーション仕様になっていることもよくあります。取り上げられるテーマも様々な作品の中にあって、今回のご用命で運命的な出会いを果たしたのは、全く異なる分野で大活躍する2つのモチーフ。それぞれに与えられた役割をキッチリと守りつつ、同じ目的の達成に向けてガッチリと手を結んだのは、乳がん撲滅のシンボルで知られる「ピンクリボン」と、徳島県のイメージキャラクター「すだちくん」でした。

両者がコンビを組んで生まれたのは、その名も「すだちくんピンクリボン」。お客様の徳島大学 胸部・内分泌・腫瘍外科 NPO法人徳島乳がんネットワーク様は、高度な技術と真心を込めた診断・治療で乳がん診療の明日を切り拓く医療の精鋭集団です。赤いマントを颯爽と羽織って緑色の顔でニッコリ微笑む「すだちくん」が、「TOKUSHIMA」の黒い文字が入ったピンクリボンに寄り添う完成品は、徳島県域で乳がん治療に取り組む医療従事者の方々が身に着けるシンボル章。当社へはネット検索でたどり着いたホームページが決め手となってご依頼を下さったとのことでした。

重要な任務を帯びたピンズの誕生までには、色々な意見が交錯する場面もありましたが、当社とのメールによる綿密なやり取りで、細部の描写に至るまで丁寧な仕上げを実現。全体的なバランスや品質も申し分のない出来栄えとなり、受け取ると早速ネームプレートに着ける方も多いそうで、「同じバッジを着けていると、やはりモチベーションも上がります」と、ご担当の方から嬉しそうなご感想もいただきました。地域をPRするマスコットと乳がん撲滅の象徴が、医療というキーワードで1つになった特製ピンズは、皆さんの活動と組織の前進を全力でサポートしてくれることでしょう。
(ピンズファクトリー談)

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

お客様とピンズファクトリーのコラボレーションの軌跡

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

JAMESの日記