ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.744  大漁旗ロゴピンバッジ

【会社・団体名】一般社団法人 南三陸町観光協会

PINS FACTORY(ピンズファクトリー)製作実例 No.744  大漁旗ロゴピンバッジ

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質ステンレス
工法プリント
着色プロセス
メッキメッキなし
サイズ22mm&26mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。

No. 0412275/76
1306-A06宮城県

地元の名物と郷土への想いを2種類のピンズに込めて広くアピール

料理や食材を分類する基準は様々ですが、土地柄や地域性などの要素を加味すると、それは「海」と「陸」の2つになります。どちらも甲乙つけ難い「ご当地グルメ」ですが、華やいだ雰囲気や彩りという観点で比較すると、色鮮やかな食材の多い「海」がほんの少し有利かも。日本に数ある海産物の宝庫の中にあって、食べるのをためらってしまうほど美しい名物料理で、全国各地に大勢のファンを持っているのが、豊かな自然が息づく宮城県本吉郡の南三陸町。最高の品質と新鮮さが四季を通して味わえる「南三陸キラキラ丼」は、目でも舌でも楽しめる大人気のオリジナルメニューです。

食べ物だけにとどまらない南三陸の魅力を知ってもらおうと、一般社団法人南三陸町観光協会様がご依頼下さったアイテムは、町のPRとノベルティを兼ねた「大漁旗ロゴピンバッジ」。当社と観光協会様の間には以前から良いお付き合いがあり、今回の製作も長年にわたる信頼関係によって実現しました。それぞれに趣の違うオーダーメイドグッズは、22mmサイズのオーソドックスな丸いタイプと、複雑な形状を正確に仕上げた26mmの舟型。素晴らしい図案や構成を手掛けられたのは、地元出身のウェブデザイナーさんだそうで、完成品はどこから見ても立派な南三陸仕様となりました。

大漁旗と言えば海がもたらす恵みの象徴。タイやタコなど色とりどりの「海の幸」と南三陸の風景を散りばめて、郷土への熱い想いが込められたピンバッジはツアー参加者に配布される他、協会の直売店である「みなみな屋」と「うたちゃんショップ」で販売され、2種類ともお土産品として売れ行きを競うほど大好評だとか。年齢性別を問わず手に取ってもらいたいそうで、観光協会様では特別に使い分けされていないとのことです。「いつも迅速丁寧なご対応ありがとうございます」とおっしゃるご担当者様のお声には、当社のご提供させていただいた作品に対する大きな満足感が漂っていました。
(ピンズファクトリー談)

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

お客様とピンズファクトリーのコラボレーションの軌跡

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

スタッフブログ

JAMESの日記