ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.789 宮崎県海外協力協会20周年記念ピンバッジ

【会社・団体名】宮崎県海外協力協会

PINS FACTORY(ピンズファクトリー)製作実例 No.789 宮崎県海外協力協会20周年記念ピンバッジ

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質銅合金
工法プリント
着色プロセス
メッキメッキなし
サイズ29mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。

No.0413098
1312-A03宮崎県

ボランティア会員間の絆を深めるためのオリジナルピンバッジ


もし目の前に困っている人がいたらきっと誰もが手を差し伸べ、自分にできることがあれば、役に立ちたいと思うのではないでしょうか。地球上には様々な国があり、多くの人々が暮らしていますが、世界をリードする先進国に対し、開発途上国はまだまだ多くの時間や人を必要としているのが現状です。この開発途上国のニーズに基づき、豊富な知識や技術、経験のある人をボランティアとして派遣する、それが青年海外協力隊をはじめとしたJICAのボランティア事業です。

今回、ピンバッジの製作をご依頼下さった宮崎県海外協力協会様のメンバーは、皆さんJICAボランティアとして海外に派遣された経験のある方ばかり。年齢層も20代から70代と幅広く、職業も公務員や自営業、農業、会社員、主婦、学生とさまざまです。写真の「宮崎県海外協力協会20周年記念ピンバッジ」は、会の設立20周年記念だけでなく、メンバー間の横のつながりを深める目的も兼ねています。

直径29mmという小さなピンバッジには、同協会のロゴの他に、宮崎県のゆるキャラ「みやざき犬」、宮崎県の地図、20周年の数字が組み込まれています。「小さなピンバッジの中にすべてをバランスよく配置することに苦労しました」とご担当者様がおっしゃるとおり、ベースを白色、縁を金色、文字を赤色やオレンジ色にしてメリハリをつけ、個々が引き立つような工夫を凝らし、オフセットプリント工法で仕上げています。出来上がったピンバッジは会報とともにメンバーの元へ郵送され、「ブレザーの襟元に付けました」「バッグに飾りました」など、喜びの声が続々と返ってきているそうです。

海外で貴重な経験をしたメンバーの方たちは、現在、国際理解講座の実施、学校や地域への出前授業、国際協力活動の普及啓発、地域興し活動など、地元に根付いた活動を活発に行っておられます。ピンバッジを付けて活動することで、さらに多くの人に活動の内容を知ってもらい、宮崎をアピールする効果も期待されています。宮崎県から全国へ、世界へ。その活動がますます拡がっていくことを願っております。
(ピンズファクトリー談)

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

お客様とピンズファクトリーのコラボレーションの軌跡

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

JAMESの日記