ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.104 なかのバラまつり2006オリジナルピンズ

【会社・団体名】中野市バラまつり実行委員会 事務局

PINS FACTORY(ピンズファクトリー)製作実例 No.104 なかのバラまつり2006オリジナルピンズ

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質銅合金
工法エッチング
着色ソフトエナメル
メッキ
サイズ25mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。


0606-A24

5月下旬〜6月上旬の時期、長野県中野市にある一本木公園では570種、120株のバラが見頃となります。中野市のバラのすばらしさを市内・市外に広くアピールし、バラによる町づくりの推進、産業振興への貢献を目的として、毎年「なかのバラまつり」を開催しています。

イベントを主催する「一本木公園バラの会」は、バラによる町づくりを目的に1994年に設立されました。バラの苗木1株を中野市に寄付されたバラ・オーナーおよび会の趣旨に賛同された方々が会員となり、現在180名で活動しています。主な活動内容は、公園の指定管理者として公園内のバラ等の手入れや施設の保守等を行うことと、バラまつりの企画・運営です。「中野市バラまつり実行委員会」の会長、副会長はバラの会のメンバーが努めさせて頂いております。

バラまつりは一本木公園内だけでなく、市内各所で行われます。「中野歴史民族資料館」や「ミュージアム」では、切りバラのコンクール、写生コンクール、フォトコンテスト等。また、市民会館ではローズコンサートを開催。会場で販売されるバラの苗木や地元農産物なども人気です。そして、3〜4年ほど前から継続的に販売しているのがオリジナルピンズ。最初のうちは愛好者の方が目立っていましたが、最近ではおみやげ用としての人気も高まってきています。

ピンズファクトリーさんへ製作を依頼した理由は、親切な対応とアフターフォローの良さ。製品の品質も良く、出来上がりの評判もとても良好です。デザインのモチーフはバラの花。赤・白・黄の3輪のバラにしたのは、オリンピックイヤーにちなんで金・銀・銅を意識したからです。それぞれ、3種類のメッキを使って「3色」にこだわりました。

毎年、購入希望者が多いオリジナルピンズ。気軽に購入できて来場の良い記念にもなる点が人気のヒミツでしょうか。中野市のバラのすばらしさを全国にアピールし、バラまつりを盛り上げてくれるグッズとして、これからもおおいに活躍を期待していますので、今後ともよろしくお願いいたします。
(お客さま談)

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

お客様とピンズファクトリーのコラボレーションの軌跡

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

スタッフブログ

JAMESの日記