ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.127 ベニーランドピンバッチ

【会社・団体名】八木山ベニーランド

PINS FACTORY(ピンズファクトリー)製作実例 No.127 ベニーランドピンバッチ

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質
工法スタンププレス
着色ソフトエナメル
メッキニッケル
サイズ26mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。


0608-A12

八木山ベニーランドは、1968年4月14日、東北初の総合遊園地として開園しました。となりの八木山動物公園の開園より2年後の開園となり、一帯は市内有数のレジャースポットとなりました。当時のアトラクションは、現在に比べれば数少ないものでしたが、日本経済の発展、生活水準の向上、レジャー需要の増大とともに設備を充実し、現在では約25のアトラクションが楽しめます。
最近では、子どもたちに人気のゴーカートコースが移転して全面リニューアルしたり、変形型のおもしろ自転車を導入したりと、東北地方だけでなく、全国のお子様にご来場していただけるよう、日々努力を重ねています。

八木山ベニーランドのテーマソングは「ヤンヤンヤヤ〜 八木山の〜」で、東北地方ではおなじみです。今では「八木山」と聞けば、八木山ベニーランドを思い浮かべていただけるようにもなりました。
今回は、このテーマソングCDの発売を記念して、お子様を中心とするお客さまに愛される当園初のオリジナルグッズをと考えた末に、ピンバッチを製作することにしました。

仕上がったピンバッチは、期待通りのデザインと想像以上の重量感で、大変満足しています。ピンバッチのデザインには、八木山ベニーランのロゴマーク(顔のように見えますが、ベニーランドの“ベ”の文字をアレンジしたマーク)を使用しました。このマークとロゴは、38年前の開園時より園内のあらゆる所で使用されてきたもので、完成したピンバッチも園内売店で販売されるほか、一部スタッフが着用しています。

遊園地八木山ベニーランドのテーマソングは、園内のBGMやテレビ・ラジオのCMに利用しており、宮城県をはじめ東北各県の皆様に親しまれています。最近では、替え歌が「楽天ゴールデンイーグルス」の応援歌としても使用され、全国の方にも聞いていただく機会が増えて、大変喜んでいます。
八木山ベニーランドは、全国のお子様やご家族に愛される遊園地を目指していきます。東北に来られるときは、ぜひ足を伸ばして遊園地八木山ベニーランドに遊びに来て下さい。

 (お客さま談)

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

お客様とピンズファクトリーのコラボレーションの軌跡

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

スタッフブログ

JAMESの日記