ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.189 ステイタスピンズ

【会社・団体名】難関受験指導のステイタス

PINS FACTORY(ピンズファクトリー)製作実例 No.189 ステイタスピンズ

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質
工法スタンププレス
着色ソフトエナメル
メッキニッケル
サイズ20.5mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。


0702-A01

街中で憧れの学校の制服姿を見つけると、思わず羨望の眼差しで見つめてしまう。いつかは自分も…と、その校章を胸に輝かす日を夢みて闘志を燃やす。「希望する学校へ入学する」という道程に進学塾があるとするならば、将来の夢や目標に向かって突き進む子ども達を支え、励まし、合格へと導くのが進学塾の役目といえるかもしれません。

今回ご紹介する「難関受験指導のステイタス」様は、2004年に開校した進学塾。「大きな志をもった、小さな塾」をキャッチフレーズに、主に難関中学を目指す子ども達の指導にあたられています。一般的な個人塾との差別化を図るため、開校当初より教室レイアウト、パンフレット、名刺などに使用するロゴデザインはデザイナーに依頼して作成。今回のステイタスピンズもそのひとつです。STATUSという文字の上に階段を配し、成績が徐々にアップする様子をモチーフにしたデザインはまさに進学塾にピッタリ。

「生徒への誕生日プレゼントとしてオリジナルグッズを作りたい」。Tシャツやステーショナリーグッズという案もありましたが、デザイナーさんがネットでピンズファクトリーサイトを見つけ、「ピンズをプレゼントするのも面白いかも…」ということで製作のご依頼をいただきました。1作品目は塾のカラーである茶色と黒で統一感を出し、2作品目は「年を追うごとに集める楽しさも加えたい」というご要望から、何色かご提案した中から選んでいただきました。

「通うことにも『STATUS』を感じてもらえるよう、勉強内容だけでなく、ちょっとした喜びや驚きを与え続けられる塾でありたい」。そんな思いから生まれたステイタスピンズ。点を取るためだけでなく、自分を高め、結果を出す喜びを感じてほしいという塾長の願いが込められたピンズは、今日も子ども達の胸で輝いています。

(ピンズファクトリー談)

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

お客様とピンズファクトリーのコラボレーションの軌跡

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

JAMESの日記