ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.260 50周年企画ピンズ

【会社・団体名】株式会社イヤタカ

PINS FACTORY(ピンズファクトリー)製作実例 No.260 50周年企画ピンズ

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質
工法スタンププレス
着色合成七宝
メッキニッケル
サイズ30mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。


0709-A01

人生最高の幸せなシーンを演出するブライダル会社、株式会社イヤタカ様は、母体である神社結婚式場から昭和49年に分離独立されて以来、秋田市にて成長されてきた老舗ブライダル企業様です。パイプオルガンやアンティークのステンドグラスを備えたネオゴシック様式の本格的な教会、邸宅風のゲストハウスなどをグループ内に擁し、180年の歴史ある神社での挙式からガーデンハウスウェディングまで、半世紀にわたり、さまざまなウェディングプランをご提供されてきました。この度、50周年を迎えられるにあたり、スタッフの方が着用されるピンズを製作されました。

この度は、イヤタカ様の50周年キャンペーン用のロゴ・デザインを担当された株式会社See Vision様経由で、ピンズ製作のご依頼をいただきました。株式会社See Vision様は、秋田市にて、主に店舗設計、グラフィック製作、WEB制作を手掛けられているデザイン会社様ですが、ピンズ製作は今回が初めてのご経験だったとのこと。ご担当者様に感想を伺いました。

(株式会社See Vision ご担当者様談)
今回、イヤタカ様の50周年企画にあたり、節目の記念の意味と、スタッフの更なるモチベーションアップにつなげるという目的もあり、「何か身に着けられるアイテムを」ということでいろいろ検討しました。条件は、仕事中に身に着けていても邪魔にならず、衣服の上に付けてアピールできるもの。首からさげるものやクリップ型のバッチなども検討しましたが、やはりピンズが最適なのではないかということでピンズファクトリーさんにお願いしました。ホームページで詳細な情報を得られたうえ、サンプルや提案までいただけて大変助かりました。
ピンズのデザインには当社で考案したキャンペーン用のロゴを使用しました。イヤタカ様のイメージカラーであるグリーンをベースにしており、ホームページなどにも使われています。初めての製作でわからないことだらけだったため、最初から、イメージを伝えてそれに合った加工法を選んでいただきました。「元のロゴと同じような色が出るか」「線は細すぎないか」など不安もありましたが、仕上がりは上々でした。スタッフの方々にも好評で、50周年企画キャンペーンが行われる6ヶ月間、みなさん喜んで着用してくださると思います。ピンズファクトリーさんにも親切に対応していただき、ありがとうございました

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

お客様とピンズファクトリーのコラボレーションの軌跡

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

JAMESの日記