ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.361 表彰用ピンバッチ

【会社・団体名】株式会社インテリジェンス

PINS FACTORY(ピンズファクトリー)製作実例 No.361 表彰用ピンバッチ

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質銅合金
工法エッチング
着色ソフトエナメル
メッキニッケル
サイズ15mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。

No. 0708037-41
0808-A09東京都

企業においての人材は宝であり、組織というのは人が社会生活を営む場です。両者の接点は「仕事」を通じて発生しますが、その形態も最近は多様化が進み、より複雑なものとなってきました。そんな現代にあって大きな力を発揮するのが双方の橋渡しをするためのビジネス。人と組織の両方にとって、この「人材サービス産業」は非常に頼れる存在です。

今回のお客様は業界屈指の機動力と先見性を持ち、人材紹介をはじめとして就職支援や求人情報の提供、ITソリューションなどの総合サービスを展開される、千代田区丸の内の株式会社インテリジェンス様。ピンズファクトリーが製作を承ったオーダーメイドアイテムは「表彰用ピンバッチ」というオリジナル作品で、クオリティやパフォーマンス、クリエイティブなどに秀でた社内の広告制作ディレクターに贈られます。

バッチのデザインは社内のデザイナーさんが手がけられ、バラエティー豊かな全5種類の仕様が誕生しました。完成品は「C」「D」「Q」「P」「S」のアルファベットにシルバーの星が入り、バックは同じくシルバーで仕上げられ、文字には青・緑・黄の3色が使われています。このアルファベットはクリエイティブやクオリティ、そしてパフォーマンスやスカウトなど、それぞれの表彰分野を表し、何の分野で表彰されたのかが一目で分かるようになっています。また文字の色は、数値的な要素で表彰が決まる分野は青色、上司の協議による分野は緑色、そして黄色は優勝の金メダルをイメージしているのだとか。

表彰は毎月一回、月末の定例会で実施され、審査を行うマネージャーの方から手渡されますが、プレミアム感タップリのバッチは評判が大変に高く「買いたい!」という声もあるそうです。さらに、同じ人が何度も受賞できることから、表彰されればされるほど受け取るピンバッチの数も増えていき、受賞者がこのピンバッチを社員章ストラップに付けることで、周囲から常に讃えられる仕組みとなっています。アイデアあふれる「表彰用ピンバッチ」は評価の証としての意味にとどまらず、社員の皆さんのモチベーションやステータスアップにも貢献してくれることでしょう。
(ピンズファクトリー談)

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

お客様とピンズファクトリーのコラボレーションの軌跡

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

JAMESの日記