ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.363 みやもと医院チャーム

【会社・団体名】医療法人社団 駿和会 みやもと医院

PINS FACTORY(ピンズファクトリー)製作実例 No.363 みやもと医院チャーム

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質銅合金
工法スタンププレス
着色ソフトエナメル
メッキ金orニッケル
サイズ15mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。

No. 0808042
0808-A11東京都

ピンズファクトリーが承るオリジナルアイテムは、用途によって販売品と非売品に大別できます。製品自体が商材として扱われる前者に対し、記念品やプレミアムグッズなどの性格を持つのが後者。どちらの場合も当社で製作させていただくのは、オーダーメイドならではの品質と技術で丁寧に仕上げられたものばかりです。

このほど医療法人として設立10周年を迎えられ、循環器や消化器などの内科一般を診療課目の中心とされる、都内大田区の医療法人社団 駿和会 みやもと医院様も、大切な節目を記念した「みやもと医院チャーム」をご用命下さいました。「当初は携帯ストラップも考えましたが、実際に使う方の多様性を考慮して、ファスナーにも付けられてストラップにもなるチャームを選んだ」とおっしゃる作品は、形、色ともに性別に関係なく使いやすそうなデザインです。

モチーフとなっているのは院長様と担当の方がデザインされた、テーマカラーのグリーンが鮮やかな医院のマーク。大きさ15mmの作品には引き輪というアタッチメントが付き、こだわりのメッキ違いで金とニッケル2種類の仕様で誕生しました。2つのハートが重なった形は「心臓」や「お尻」を連想させ、「心臓の病気から肛門の病気まで診療します」という医院のメッセージが伝わってくるようです。また、院長様は登山愛好家だそうで、マークのシルエットが連なる山のように見え、さらには「みやもと医院」の頭文字「m」ともオーバーラップしています。

ご依頼は当社のホームページをご覧になったのがきっかけということですが、連絡を下さった際に対応したスタッフの仕事に対する姿勢やアドバイス、日本語の使い方などが良かったとのお言葉を頂戴し、当社にとっては何物にも代えがたい大きな励みとなりました。完成品は既に医院スタッフと関係者の方に渡されており、患者様に対してどのようにするかをご検討中とのこと。声に出して言えば一瞬で済んでしまう「10年」ですが、その中には多くの出来事が凝縮されています。世界でただ一つの「みやもと医院チャーム」には、みやもと医院様の歩んだ10年の歴史が刻み込まれ、いつまでも輝き続けてくれるに違いありません。
  (ピンズファクトリー談)

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

お客様とピンズファクトリーのコラボレーションの軌跡

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

JAMESの日記