ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.507 スコッチバージアス20周年ピンバッチ

【会社・団体名】ジアスコーポレーション

PINS FACTORY(ピンズファクトリー)製作実例 No.507 スコッチバージアス20周年ピンバッチ

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質銅合金
工法スタンププレス
着色無色
メッキアンティークゴールド  orアンティークシルバー
サイズ22mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。

No. 0209239
1004-A03北海道

大抵のものはモチーフにすることのできるピンズファクトリーのオーダーメイド技術ですが、製作の目的に品質・仕上げなどの要素がピタリと当てはまった時、その効果は予想をはるかに上回るものとなって、持ち主や使用者に大きな価値をもたらします。流氷で有名なオホーツク海を臨む北海道網走市にも、周年記念のオリジナルアイテムで充実感を味わっていただいたお客様がいらっしゃいます。

直営のオーセンティックバーがオープン20周年を迎えられたのは、「オホーツクは愉しい」をテーマに、昭和57年からご当地で飲食店を展開されるジアスコーポレーション様。お店も会社と同じく「ジアス(THE EARTH)」と名付けられたスコッチバーです。当社へのご用命は、同業のバーオーナー様から当社のスタッフをご紹介していただいたのがきっかけで、承った作品はスタッフの皆さんが付ける記章としてのほか、お客様やバーテンダー仲間の同業者にも贈られる「スコッチバージアス20周年ピンバッチ」というアニバーサリーグッズ。

オープン当時のロゴをベースにした作品は、3本のシェーカーを左右から大麦の穂が囲み、クラシカルな風格が漂います。ご担当者様からは、「最初は特にデザインに関する部分で不安もあったが、ほぼ希望通りのものが出来上がった。書類フォームからは立体的なイメージがなかなか得られないが、サンプルを製作していただいたので、モチーフ、コンセプトが伝わって良かった」とのご満足そうなお言葉。落ち着いたアンティーク調のゴールドとシルバー、2種類のメッキと半立体仕様で出来上がった記念品はどちらも大好評だったとのことです。

完成品はホームページでの紹介もされていたので反響は非常に大きく、初めての来店にも関わらず「あのピンバッチはありますか?」と聞くお客様が何人もいらしたほどの人気ぶりだったとか。バッチは関係者の方々にとって20周年の瞬間を永遠にとどめるメモリアルとなり、お店を訪れてバッチを手に入れることのできた幸運な人たちには、渋い輝きを見るたびに本格スコッチバー「ジアス」で過ごした至福のひと時を思い起こさせてくれるでしょう。

(ピンズファクトリー談)

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

お客様とピンズファクトリーのコラボレーションの軌跡

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

JAMESの日記