ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.509 スプリング・フォー ピンバッチ

【会社・団体名】奈良医院

PINS FACTORY(ピンズファクトリー)製作実例 No.509 スプリング・フォー ピンバッチ

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質ステンレス
工法プリント
着色プロセス
メッキなし
サイズ26mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。

No. 0509148
1004-A06秋田県

オーダーメイドの世界に見られる千変万化の技の中で、作品の完成に欠かせないのが1から作り起こす「創造力」とデザインに沿った忠実な「再現性」。頭に描いたイメージと高品質な素材の出会いで予想以上の喜びを生む前者に対し、後者は期待にたがわぬ製品を仕上げることで大きな満足感を提供します。循環器内科とスポーツ医学を専門に秋田県の北秋田市で開業される奈良医院様からご依頼を承ったアイテムも、オリジナルデザインの魅力が十分に生かされた特製グッズとなりました。

パッと華やぐレインボーカラーが彩るのはネーミングも軽快な「スプリング・フォー ピンバッチ」という作品です。スプリング・フォーとは地元秋田を中心に活動する5人編成のアマチュアバンドで、活躍のステージは年1回の定期コンサートや地域イベント・各種団体の会合アトラクションなど実に様々。レパートリーは演歌も含んだポップス全般と非常に幅広く、その実力でNHK福岡の「熱血おやじバトル」に出場した経歴も持っています。

スポーツや音楽でも地元に密着した活動をされている院長の奈良様は、バンドが医院の新年会に出演したことや、ご自身がサイドギター兼リードボーカルでゲスト出演されたご縁もあって、バンド結成10周年を祝うプレゼントとしてオリジナルピンバッチの製作を決意。ご友人からのご紹介で当社にお声を掛けて下さいました。モチーフとなったのは、バンドメンバーの方がデザインされた鮮やかな色合いのバンドロゴ。繊細なグラデーション仕様をパーフェクトに実現すべく、ピンズファクトリーが用いたのはオフセットプリント工法です。

エレキギターやピンクの花をバンド名の「Spring Four」に組み込み、黒で小さく入った「スプリング・フォー」のカタカナが全体を引き締めたオリジナルの記念品は、メンバーの皆さんからも大変喜ばれ、当社が頂戴したのは「問合せ時から相談・製作・納品まで、スムーズで大変良い対応をしていただきました」の嬉しいお言葉。完成品は10周年の記念イベントで活用予定とのことで、忘れられない思い出を紡ぐメモリアルグッズになってくれそうです。

(ピンズファクトリー談)
関連サイト:
奈良医院 >>

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

お客様とピンズファクトリーのコラボレーションの軌跡

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

スタッフブログ

JAMESの日記